人生最後の会社勤め(3)

2015年  08日 12:21
社長の話は最初の叱咤、叱咤の場面で終わっていたが、私が退社する平成23年12月末迄の6年11ヶ月の間にすっかり丸くなり昔の面影は全く無くなった。決して体力の衰えじゃないよ。私より2歳若い社長は息子さんに社長を引き継いで貰う迄頑張ろうと、老骨にムチを打っていると言ったら大げさになるが本当は早く楽になりたくて仕方がないんだ。
社長は昔はヘビースモーカー、最初にスナックで歌を聞いた時驚いたね、森進一の「命あたえて」だったが煙草の所為で声がお世辞にもきれいと言えない、所が節回しと声のカスレがこの歌にマッチングしてたんだ。声がきれいと自負している私には到底出せない味、負けたと思ったね。
所が煙草を止めたら声がきれいになってね、昔の味が出せなくなった。本来喜ぶべき声質になったのに少し落ち込み加減でリクエストしても歌ってくれない、最近は私の十八番だった松原のぶえの「蛍」を取ってしまったんだ。
私は退社して3年以上なるけれど今もって月に一度は会社を訪れている。おばさまだけど可愛い女性軍も歓迎してくれるし、私のブログの「影の管理人」さん(実は社長の息子さん)や昔に比べると随分愛想が良くなった松田部長もいるし、「おい岩瀬君しっかり仕事やっとるか」と昔の部下に今持って偉そうに声をかけられるのが嬉しくてね、ただ時にはうるせぇ親父だなと言う顔も影でしていると思うんだけれど、表に出さない所は成長したね。
退社してからもこんなに長く気持ちよく訪問出来る会社は無い、社長室で社長から仕事の近況を聞くのも楽しみだ。
また月に一度は社長と会食しスナックで歌を歌っているが、社長の声がきれいになったので、最初の歌は必ず、二人で合唱する唱歌「紅葉}」になった。そして歌に満足して帰る最後には、又二人で「仰げば尊し」を合唱するんだ。
最近は卒業式にもこの歌を歌わない学校が増えていると聞くが、この歌は名曲だよ、声を張り上げて歌っていると、カウンターの知らないお客さん達も嬉しそうに一緒に歌いだすんだ、卒業以来歌う機会が無いから懐かしいんだね。これが有名になって他の店からもお呼びがかかるようになったらどうしようかな。

COMMENT 2

影の管理人  2015, 05. 11 [Mon] 13:55

NoTitle

とうとう私が登場してしまいましたね(笑)
人様のブログに登場するのはなんだか面映いですね。

しかし、退職された後も気軽に遊びに来て頂ける事は嬉しいものですね。皆もそう感じていると思います。
そこに利害はなく、単純に城さんの人柄に拠る所なのでしょう。

編集 | 返信 | 

エースの城  2015, 05. 12 [Tue] 08:41

NoTitle

いつも有難うございます。流石に名前はいけないので抽象的に表現しました。名前は今迄全てローマ字の頭文字表記にしていたのですが、ある人から迷惑にならない人と悪い奴は明記しても良いのではとの意見があり従いました。後半登場者は全て良い人でした。

編集 | 返信 |