徒然日誌 米男子ゴルフ 小平初優勝

2018年  19日 09:40
〇 日本の小平選手が米男子ゴルフのRBCヘリテージ優勝した。日本人として青木、丸山、今田、松山に続いて5人目である。しかも26戦目で優勝した松山より早く15戦目で達成した。彼が優勝するとは悪いけれど誰も思って居なかったと思う。

 いつも松山が出場している時は朝から見ているが、今回は小平だけだったので3日目少し見ていたら、3日目終わった段階で一応12位にいたので最終日も見る事にした。首位と6打差スタートで1~3番を連続バーディ、あれぇと思っている内に終盤は2位迄上がってきており、5組も前だったので早くホールアウトした段階では首位と2打差で負けていた。

 所が首位で来ていた韓国の金はパットが気の毒な程悪く、全てのバーディチャンスを逃して結果は小平と同スコアでホールアウト、プレーオフとなった3ホール目で小平の初優勝が決まったんだ。正に無欲の勝利だったと言っても良いだろう。 これで米ツアーの2年間の出場資格と賞金1億2900万円を獲得したが、この賞金額は昨年度日本のツアーで、賞金順位2位となった彼の獲得賞金1億6146万の80%を1試合で得たことになる。

 確かに今回はマスターズの後で有力選手の出場も少なく、多分に運に恵まれていたと言っても過言では無いが、彼の日頃の努力と物怖じしない性格に加えて、淡々としたプレーを続けた事がこの勝利を引き寄せたものと思われる。折角だからこのチャンスを生かして行こう、昨年だったか嫁さんにした元女子プロの古閑美保があげまんだったのかも知れないな。

2018_0417ocn0010.jpg 2018_0417ocn0009.jpg

COMMENT 0