FC2ブログ

徒然日誌 スポーツ野球

2018年  05日 11:30
〇 選抜高校野球決勝の大阪桐蔭と智弁和歌山戦は大阪桐蔭が5-2で勝利し36年ぶり史上3校目の春2連覇を達成した。大阪桐蔭の2連覇が話題の今回は相手の智弁和歌山が準々決勝で長崎の創成館に11-10、準決勝で神奈川の東海大相模に12-10といずれも延長での際どい勝利で勝ち上がり、大阪桐蔭も準決勝で三重高校を3-2と延長で下したと言うこの2校の勝負は息詰まる試合だった。

 9回を投げ抜いた桐蔭の根尾投手は前日の準決勝で8回を投げた後の9回完投であり、しかも史上初の2年連続春優勝投手となった。背番号6が示す通りエンゼルスに行った大谷翔平同様投打の二刀流で今大会通算5割の打率を誇る。今後も楽しみな話題を残してくれた。

  2018_0405ocn0023.jpg 2018_0405ocn0025.jpg 2018_0405ocn0027.jpg 2018_0405ocn0028.jpg
           優勝旗:大阪桐蔭     準優勝旗:智弁和歌山   場内一周は最高の誉

〇 大リーグエンゼルスに鳴り物入りで入団した二刀流大谷翔平は、オープン戦では投打共にパットせず、騒ぎ過ぎだと不安に思っていたが、開幕してからのまず投手部門では6回を投げての勝利投手でまず1勝、打撃部門では初日は8番DHで最初にヒットを打ち精神的にもほっとしたのが良かったのか、本拠地に戻ってからのインディアンス戦では、第一打席で3ランと3安打の固め打ち、今日は5回に同点の2号2ランを打ち延長戦を制したのも彼の2ランがあってこそだった。

 通算打率は2本塁打を含む14打数6安打の4割2分9厘、未だ喜ぶのは早いかもしれないが、エンゼルスの5勝の打ち3勝は彼の投打の貢献によるものだ。頑張れ翔平・・・

  2018_0405ocn0029.jpg 2018_0405ocn0009.jpg 2018_0405ocn0011.jpg 2018_0405ocn0006.jpg
第1号ホームラン メジャーでは初本塁打の時はサイレントトリートメントと言って最初ベンチで全員後ろを向いて無視した後に歓迎する儀式があるらしい。丁度無視された所。ホームランボールを取ったマシュー君、この後、大谷に渡してお礼のバットとグラブを貰ったんだ。  最後は2号ホームラン。

COMMENT 2

ごくしげ  2018, 04. 06 [Fri] 10:42

凄いですね^^大谷翔平。
連日のホームラン。
「ベーブ・ルース」以来97年ぶりの偉業だとか。
このままの調子で、続けていって欲しいですね。
尻つぼみにならないように。

これからマー君やイチローとの対戦もあるでしょうから
それもまた楽しみです。

編集 | 返信 | 

エースの城  2018, 04. 06 [Fri] 17:27

To ごくしげさん

コメント有難うございます。
オープン戦では本当に心配しましたし余り騒ぎ立てるのも良くないと思っていましたが杞憂でしたね。ただこれから先、相手も警戒するでしょうが気楽に頑張って欲しいものです。元々高校時代はピッチャー即強打者が多かったですから大阪桐蔭の根尾君の様な選手が出て来たのも大谷翔平の影響が強いでしょうね。

編集 | 返信 |