幕間記事3

2015年  23日 10:00
最近のニュースで、全く知らない人の幸せそうな様子を妬み、歩道まで車を乗り上げて子供2人を含む3人を車で引いて大怪我をさせたとんでもない男がいた。そうなんだ訳の判らない理由で相手を傷つける、まともな人にとっては防ぎようもない出来事が日常茶飯事に起こる今日この頃である。
私は去る4月15日に兄弟3人夫婦で父母の法事に合わせた旅行をしている記事をブログに載せたが、昨日長兄より「父母を敬い兄弟仲の良い事は当事者同士が幸せに思えば良い事で人に話す事では無いのではないかな、住居地区、年齢迄書いていると妬む人がいる可能性もあり不安を感じる、今少し配慮が欲しかった」とのメールが入ったので早速に記事を消去した。
ブログの記事は自分に対しての影響があれば覚悟もあって対応出来るし我慢も出来るが、確かに他の人を巻き込む事は避けねばならないだろう。この記事によって少しでも不安を与えたとなれば、言い訳は兎も角不安を取り除く対応を直ぐにやるべきと思ったんだ。
幸せな兄弟を誇示した気持では無いつもりだったけれど、読み方によってはそうだよね、自慢していたよね。今後気をつけねばならない事だね。
それにしても自分の日常や、周囲の善良な人達だけを視野にいれての考え方が、誤っていると言うか配慮が足らないと思わざるを得ない今の世の中は本当に不幸だね。確かに赤の他人が自分の得手勝手な思いだけで無関係な人を傷つける事が起こっており、本当に怖いと思うし、その事を考えながら日常生活を送らねばならないのは何か嫌だね。本当に「たまらんぜ・やっとられんぜ」
2015_0419石刀神社祭礼山車0016

COMMENT 0