徒然日誌  2件

2018年  16日 08:44
○ 先週、近くの喫茶店で「中島ともゑ 水彩画展」の開催の案内を見て、妻とランチがてら見に行ってみた。小さな店の壁に6枚の水彩画が掛けられていたが、私の好みの色使いでは無く、それより奥の2畳程の和室に展示されていた俳画に注目してしまった。

 中島ともゑのご主人とお姉さんの賛助出品となっていたが、悪いけど私にはこの俳画の方が好みに合っていたな。俳画には当然俳句が書かれており筆の字も上手だった。残念ながら1000円のランチは少しお粗末だったかな。
  141.jpg 142.jpg 143.jpg 144.jpg 145.jpg 146.jpg

○ 大相撲初日、不祥事があったにも関わらず協会ご挨拶の八角理事長の口からは、その事についての報告も侘びの言葉も無かったのは、誰もが知っている事だっただけに、物足らぬと感じたのは私だけでは無いだろう。

 今場所の成績が気がかりな2横綱の内、鶴竜は白星を飾ったが稀勢の里は貴景勝に不覚をとり不安材料を残してしまった。稀勢の里に関しては先場所の出場を決めた時、相撲は稽古だけではなく本場所での土俵上での相撲勘を取り戻す事が大切であり、出場する以上例え負け越しても最後まで取りきり、次場所に期する位の気持ちがないと駄目だぞと言ったが、結局途中休場して不安を残していた。

 今場所初日の敗北は不安がそのまま本当になってしまったと言える。運が悪いと言えば最近伸び盛りの若手が丁度上位に陣取っており、気を抜く事が出来ないのも辛い所である。そうは言っても横綱なんだからね。

2018_0114ocn0005.jpg  2018_0114ocn0008.jpg
 これが最後の横綱土俵入りにならねば良いが・・。 詰めの甘さも相撲勘の悪さによるもの。

COMMENT 2

ごくしげ  2018, 01. 16 [Tue] 15:41

楽しい昼のひとときを過ごされましたね。
水彩画展にランチと^^

俳画良さそうですね^^
上手だという毛筆、ちょっと小さい画像なので、
拡大して見たが、文字がブレて
よく分かりませんでしたが。

編集 | 返信 | 

エースの城  2018, 01. 17 [Wed] 11:04

コメント有難うございます。
ランチは余り美味しく無かったんですよ。俳画はカメラを忘れてガラケイで写したのですが一枚大きな写真を載せてみます。

編集 | 返信 |