FC2ブログ

徒然日誌 星野仙一逝く

2018年  10日 09:05
○ マイケルウォルフ著のトランプ暴露本炎と怒りがバカ売れしているそうである。勿論未だ読んだ訳ではないが、トランプは大統領戦では当初から自分自身勝つとは全く考えてもいず、負けて元々大統領戦に出た事で知名度を上げ、自分の仕事に利用しようと考えていたと本人が言っていたとの内容もあるらしい。

 この内容だったら私が2016年11月10日にブログに載せた「米国の衰退を憂う」に、私の意見として述べた事が事実だったと言う事になるね。(宜しければ今一度読んでみて戴きたい)

 以前浅田真央が暫く休養した後に復活宣言した時も私はブログに、もう止めた方がいい、良い結果が出るとは思わないし折角の良い印象が無くなってしまうよと書いた記憶がある。これもその通りでその後一度も優勝することなく、下位に甘んじたまま結局は引退する事になったが、私がピンと来た事は良く当たっているんだよな。営業で培われた事前に察知する能力が高いのかも知れないな。(自画自賛・・・)

○ 星野仙一が亡くなった。彼が現役時代、私は巨人フアンだったので巨人に対してむき出しの闘志でぶつかってくる彼が嫌いだった。その印象が強くて、彼が中日の監督から阪神、楽天の監督になってチームを優勝に導く姿を見ても、その才能を認める事が出来なかった。

  が、亡くなった後に出てくる色々なエピソードを見たり聞いたりしている内に、彼の闘魂に感じる物があったんだ。巨人に対して異常な程闘志を燃やした理由が、ドラフトで巨人が彼との約束を破り1位指名を外した事に始まっていると聞きこれも納得した。(彼の代わりに一位で取った選手は誰だったんだ・・・)

 色々なエピソードの中で、司会者と話していたこの話が好きだったね。(星野)子供の日の対巨人戦で、同点で迎えた最終回、王の打席でベンチからは敬遠の指示が出た。(司会者)で、どうしたんです (星野)子供の日で沢山の子供が見ている中で逃げる訳にいかんだろう。(司会者)結果どうなったんですか。(星野)サヨナラホームランだったよ・・はっはっは。・・・子供の為と言うより彼の負けず嫌いが挑戦させたんだろう。野球に対する強い信念を持ち野球の将来をずっと考えていた惜しい男を亡くしたな、冥福を祈りたい。

2018_0110ocn0002.jpg


 

COMMENT 2

travispitz  2018, 01. 16 [Tue] 12:16

>私がピンと来た事は良く当たっているんだよな。営業で培われた事前に察知する能力が高いのかも知れないな。
筋肉と脳は使えば死ぬまで発達するそうですが、
カンも衰えることは無いのかもしれませんね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2018, 01. 17 [Wed] 16:11

To travispitzさん

コメント有難うございます。
新年は未だご挨拶に伺っておりませんが、お変わりありませんか。
会長は肺気腫の入院をされると言っておられましたがどうされましたか。
リハビリ入院なんかは医者の金儲けだからやめた方が良いと言いましたが・・・。
毎日大声で歌を歌っていれば、治る事は無くても進行しません。

編集 | 返信 |