FC2ブログ

徒然日誌 忘年会

2017年  27日 15:50
○ 昨夜は星野会長とU氏と今年最後の忘年会を行った。U氏と会食するのは今年初めてだったが、会長とは殆ど月に一回は飲んで食べて楽しく歌っている。退職しして丁度6年目になる会社の会長(先日社長退任し会長に就任)とこれほど長くお付き合い出来る事を本当に嬉しく思っている。

 昨日の忘年会はU氏の希望に沿ってとの会長の発案で、いつもと違った店の流れとなったが、カラオケの歌えるスナックだけはこの3人だと外す事はあり得ない。私が2歳年上で2人は同年、この歳になると容姿も考える事もほぼ変わらないが歌だけは私が少し上手いかな。

 会話の話題は年齢相応にお迎えの話、男性の平均寿命は81歳位だが、私でも未だ後一歳少々ある。朝の新聞ではどうしても訃報の記事の年齢に目が行ってしまうと言うU氏に私も同調した、そう言えば先日の新聞に訃報記事の亡くなった人の年齢を見るのは自分と比較してしまうので老人には良くないと書いてあったな。自分より下だと要らぬ不安を持ってしまうかららしい。若い頃は気にも留めない事なのにおかしなものだ。

 店に入る時間に少し早かったので栄地下の本屋をぶらついたら「知的な老い方」と言う「外山滋比呂」の本が目についたので購入した。何となくその本棚の場所には年寄りが手に取ってみたくなる本が並んでいた、年寄りへの対象本がこれからは増えてくるのではないだろうか。未だ1ページも開いていないので解説は後日にしよう。

 最後はクラブでお開きとなり楽しい時間ではあったが、、U氏の気を遣わない発言に会長の顔が曇る時があったと感じたのは、営業マンとして昔からつい人の顔色を見てしまう私の悪い癖かな。

 2017_1215ocn0013.jpg  2017_1215ocn0018.jpg
 高額の帽子は持たないけれど、どこに行くにしても帽子を欠かした事はない。これは全て冬用。

COMMENT 1

鬼藤千春の日記・エッセー  2017, 12. 28 [Thu] 10:42

ありがとうございます。

ご訪問頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

編集 | 返信 |