徒然日誌

2017年  14日 13:39
〇 2017年今年の漢字で「」が選ばれた。発表前に妻と候補を挙げたが妻は一発で当てたね。単純に考えた方が良かったんだ。例年の様に京都の清水寺で「森清範貫主」により揮毫が行われたが、選ばれた理由は①北朝鮮のミサイル発射や核実験②九州北部豪雨③北海道のじゃがいも不作④北海道日本ハムの大谷選手や清宮選手の話題⑤に北島三郎の所有馬キタサンブラックの活躍まで理由となったのもいいんじゃない。ちなみに2位は「政」、3位は「不」と安倍政治の不明な点が候補だったんだと。

   2017_1213ocn0004.jpg  2017_1213ocn0005.jpg

○ 岐阜県美濃加茂市の藤井市長の収賄事件の上告審で最高裁は藤井被告の上告を棄却し有罪が確定した。天は悪を見逃さなかったんだ。この件に関し名古屋地裁が無罪判決を出した時に、私は2015年3月7日付のブログで「火のない所に煙は立たず」とこの判決に疑問の記事を載せた。

 所が名古屋高裁において一転、一審判決は棄却され有罪判決となった時点の意見は、2016年12月4日のブログに記事にしている。ところがところが彼はその判決を不服として最高裁に上告すると共に市長を退職して、出直し選挙に立候補し、こともあろうに又当選してしまったんだ。この時の憤慨を私は2016年1月28日と1月30日のブログに書き綴っている。濃加茂市民の良識の無さと無駄な選挙をしての公費の無駄遣い(1年で選挙3回:税金2,700万円)についてである。

 結果として今やっと私の意見が正しく、これにより懲役1年6月、執行猶予3年、追徴金30万円が確定すると同時に失職、更には公職選挙法により執行猶予中の公民権は停止され、今後実施される市長選にも立候補出来ない。これまで歴然とした収賄を否定し続け、無知な美濃加茂市民を騙し続けてのうのうと市長職の栄誉と収入を受け取り、再度に亘り市長選の無駄遣いをさせたにも拘らず、僅かな追徴金で済んだ事に感謝しろよ。

 世の中を甘く見ていた罰なんだよ。長年営業マンとして苦労してきた自分にとって今回の件は、最初からこの市長の悪事をお見通しだったんだよ。(日付も記載したので当時の記事を出来れば読んで戴きたい)

 2017_1215ocn0001.jpg  2015_0725早苗のちぎり絵0025
 墨彩画の蝋梅                       ちぎり絵の水仙
 

COMMENT 2

-  2017, 12. 20 [Wed] 00:45

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

弘介  2017, 12. 20 [Wed] 00:47

1がつ28日となっているので1月に訂正願いたし。弘介

編集 | 返信 |