徒然日誌 スポーツの話題

2017年  12日 15:30
〇 この時期になるとスポーツはスキー、スケートと派手さがなくなる。ゴルフも終わって、男子は妹の藍に遅れを取っていた地味な宮里優作が逆転で賞金王となり、女子は13年前、宮里藍に憧れてゴルフを始めた鈴木愛が日本勢としては4期ぶりに、本人としては初の賞金女王となった。

 また米ツアー予選では、私も将来を期待している畑岡奈紗選手がトップ合格し来季米ツアーの出場資格を得た。過去の日本人トップ通過は森口、小林、宮里に次いで4人目となる。ちなみに横峯さくらは45位で限定出場、宮里美香は68位で出場資格を失った。

 スポーツ関係の話題と言えば、IOCは来年の平昌冬季五輪にロシア選手団を除外した。理由は國ぐるみのドーピング不正疑惑によるものであるが、ロシアの不正は既にリオ五輪からのものであり、正確に調査しておれば恐らくもっと以前から不正が行われていたと断定しても良いのではないだろうか。

 ロシアと言う国は自国の為ならばいかなる不正も平気で行い、最も信用がおけない人種なんだ。 我が国が北方領土を奪い取られた経緯も知っているだろう。話が変な方向に進んでしまったが、その様な信頼も誠実さも皆無の國に、北方領土で経済活動の協力体制を作り援助して行くなどと、返還を更に難しくしてしまう方針を安倍内閣は打ち出している。トランプの営業活動に協力し続け、各国党首からもトランプ自身からも馬鹿にされていながら、平気で靴を舐め続ける安倍さんは案外大物かも知れないな。

 脱線してしまったが本当はこの話をしたかったんだ。オリンピックそのものは決して國同士のメダルを争う競技では無い事はオリンピック憲章にも謳われている。最も正々堂々を必要とするスポーツ競技にも平気で不正を行い自分の政治に利用しようと考えているプーチンはこれまた世界を相手にした大物なのかも知れない。

  2017_0722ocn0021.jpg  2017_0721ocn0072.jpg
  ちぎり絵 シクラメン             水仙

COMMENT 1

弘介  2017, 12. 20 [Wed] 00:39

小生の興味は、国内政治ではなくて国際政治の方です。中東問題なんか常識では考えられないような事が起こる。先日テレビでジャーナリストの木村太郎(元NHK解説者)の発言を聞いたが、彼いわく「国際政治での各国関係者の発言を絶対にそのまま受取っては駄目である」と。

木村氏は、米国の大統領選挙で日本国内の誰もがクリントンの勝利と予想したのに彼だけが絶対にトランプだと予想した。だから彼の発言には重みがある。

トランプ、プーチン、習近平などの発言や、EUと英国とのやりとりを じっくり調べていると実に面白いよ。その点 安倍さんは、よくやっていると思う。
国内問題で安倍さんを嫌う人は多いが、国際交渉で彼に代わる人物は、他に居ないのではないか? 背は高くて習近平に負けないし、英語も喋れる。これも能力の一つだよ。弘介

編集 | 返信 |