FC2ブログ

徒然日誌  静かな北九州旅

2017年  20日 15:40
 昨夜一宮に帰宅した。16日義兄(妻の兄)が亡くなり、17日の通夜、18日の葬儀に参列の為、妻と義姉(妻の姉)とで北九州の葬儀場に駆けつけた。昭和6年生まれの享年86歳、私の長兄と同年齢である。故人は妻と義姉の3人兄弟、一人息子が喪主となった。親族は息子の妻と孫娘2人、我々3人に既に3年前に亡くなった故人の妻の親族と息子の嫁の親族とで8人余り、会葬者も通夜告別式合わせて10人弱、葬儀場も祭壇も立派だったが少し寂しかったかな。

  「私の時は会葬者を予約していて、寂しくないようにしておかないといかんだろうな」「もう家族葬でいいんじゃないの、皆さん迷惑ですよ」「いやダメだ今から連絡の責任者を決めておこう」・・・本人は居ないにしてもお祭り好きの自分には寂しいのはたまらんぜよ。

 孫は娘だしK家はこれで途絶えるのかなと我が家の親族の男性の数を数えながらそう思ったが、母親にとっては将来息子より娘の方が本当は良い話相手にはなるんだよ、ただ苗字が途切れるのはやはり寂しいし、これからの家系や、お墓の事とか考えると色々と問題は残るだろうね。

 葬儀が終わって、懐かしい友人と飲む約束をしていたので折尾で待ち合わせる。献杯をして今日はゆっくりと飲もうと思ったが、急に義姉に用事が出来て小倉の宿に戻らざるを得なくなり、話もそこそこに席を立った。残念、この年になると先の事は判らずもう会えないかもと心残り、今日みたいな日には特にそんな事を考えてしまったな。

 翌日の帰りに新幹線の時間迄に余裕があったので、昔の故郷若松に行ってみた。戸畑駅から市営バスで若戸大橋を渡り、中心街のアーケードから子供の頃に遊んだ「えびす神社」にお参りし、懐かしい洞海湾の渡船で戸畑に渡り、戸畑駅から帰途についたんだ。もうこれが最後かも知れないと感無量だったな。ただ風も強く帽子は飛ばされるし本当に寒かった・・・。

2017_1119ocn0024.jpg 2017_1119ocn0025.jpg
戸畑側から見た若戸大橋。良い天気で橋を渡りながらの景色を写すカメラが間に合わなかった。
2017_1119ocn0002.jpg 2017_1119ocn0003.jpg 2017_1119ocn0005.jpg 2017_1119ocn0010.jpg
がらんとした中心街。父母と来ていた赤提灯も経営が変わっていた。えびす神社と祭り風景。
2017_1119ocn0009.jpg 2017_1119ocn0013.jpg 2017_1119ocn0023.jpg 2017_1119ocn0018.jpg
五平太船祭り。 渡船横海岸整備。洞海湾は綺麗に。若戸連絡船。 船上からの若戸大橋。

COMMENT 2

-  2017, 11. 22 [Wed] 02:33

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

-  2017, 11. 23 [Thu] 07:13

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |