FC2ブログ

徒然日誌  鎌倉旅行 最終日

2017年  25日 05:30
〇 今日は大学10期同期会がヒルトンホテル大阪で開催されるので、出席するに当たり妻も大阪在住の娘宅に行く為同じ新幹線にした。帰りは一緒に27日にしたので間が抜けぬ様に、鎌倉旅行記最終を仕上げて出発する事にしたんだ。従って又ブログは休みだよ。

〇 指圧をして貰ったお陰で21日は爽快な目覚め、荷物を全て宅急便にする為きちんと詰め直す。残念ながら今日も雨、昨日は降らずに本当に良かった。朝タクシーで鎌倉駅前のファミリーマートに行き傘を残して全て宅急便で自宅へ。そこから最初の目的八幡宮へ段かづらを歩き始める。肺気腫で呼吸が苦しい為、兄には悪いがゆっくりと歩いて貰った。

2017_1021ocn0015.jpg 2017_1021ocn0019.jpg 2017_1021ocn0023.jpg 2017_1021ocn0028.jpg
この直線の道が段かづら。土曜日なのに雨で観光客少なく幸い。本宮へは階段登れず。途中永平道元禅師の顕彰碑で記念撮影し建長寺へ続く雪の下巨福呂を歩く、頂上に短いトンネル。息が切れてのろのろ歩き、右手八幡宮側。

2017_1021ocn0030.jpg 2017_1021ocn0032.jpg 2017_1021ocn0034.jpg 2017_1021ocn0037.jpg
鎌倉五山の第一位建長寺臨済宗建長寺派大本山。5代北条時頼建立。総門、三門、仏殿。
2017_1021ocn0039.jpg  2017_1021ocn0042.jpg  2017_1021ocn0043.jpg  2017_1021ocn0045.jpg
方丈(龍王院)の入口唐門と龍王院。夢窓疎石作の庭園。仏殿前の巨大イブキ(樹齢760年)

時間があったので円覚寺に向かう途中で「駆込み寺」として知られる東慶寺に立ち寄った。北条時宗夫人が開創。大寺院に比べいかにも女性的な佇まい。庭園には四季折々の木々や花が見られるのもいかにも女性の寺の感じがある。
2017_1021ocn0048.jpg  2017_1021ocn0049.jpg  2017_1021ocn0052.jpg  2017_1021ocn0050.jpg
見るからに静かな佇まい、石段の上の門は茅葺きの屋根。本堂も小作りで情緒がある。

鎌倉五山の第二位円覚寺に入る。臨済宗円覚寺派大本山。北条時宗が宋僧の無学祖元を招いて開いた寺院。門前をJRの横須賀線が走る。創建当初の建物は度重なる火災で全て焼失している。本尊は宝冠釈迦如来。
2017_1021ocn0055.jpg 2017_1021ocn0058.jpg 2017_1021ocn0059.jpg 2017_1021ocn0060.jpg

五山の内一位と二位しか廻れなかったが、静かな雨の中のお参りには情緒があった。北鎌倉駅前にある儀平のうすかわ饅頭を兄から土産に買って貰い、次の大船で昼食をこれまた兄にご馳走して貰い、「名古屋に行った時にはお世話になるから」とのお別れの言葉と共に新幹線に乗る新横浜に向かったんだ。義姉からも鳩さぶれの土産を貰い、鎌倉の旅は兄貴さん一家にお世話のなりっぱなしになってしまった



COMMENT 0