徒然日誌 能登半島小旅行 3

2017年  27日 06:10
 朝食を済ませたら、輪島湾まで散歩に出て輪島湾のすぐ近くに有る「輪島キリコ会館」を見学する事にした。昨日と打って変わって快晴の朝である。営業開始の8時迄湾の岸壁での釣りを見物、小アジが何匹か連れていたね。外国船が接岸出来るよう水深は7mもあるそうだ。

 8時に会館に入る。私は余り良く知らなかったが能登各地(7市町)の夏から秋にかけての祭りの神輿のお供について回るのがキリコ(正式名:切子灯篭)で最大は高さ12m超、重さ2トン、担ぎて100人以上があるが、現在は電線等の関係で4m位が多いそうだ。

2017_0921ocn0040.jpg 2017_0921ocn0129.jpg 2017_0921ocn0041.jpg 2017_0921ocn0052.jpg
ホテルルートイン輪島   輪島港岸壁     輪島キリコ会館 どんがらの建物
2017_0921ocn0054.jpg  2017_0921ocn0059.jpg
キリコ:色々な字や絵(裏面)が描いてある。     高さ12m超

 会館を出て有名な輪島朝市を見学する。魚や野菜等のなま物の店が多いのかと思ったら結構輪島塗の店が多い。本漆筆描きの名前を入れてくれる店があったので孫達に箸と手鏡を購入。ホテル駐車場に戻って昨日行けなかった総持寺に向かう。キリコ会館や朝市を優先し、時間の問題から249線を北東に向かっての珠洲市方面行きは変更し、総持寺から穴水へ半島を横断し七尾市の妙観院へ行くルートを選択した。

曹洞宗大本山総持寺祖院は1321年に開創され、寺運隆盛を極めて全国に末寺1万6千余りを数えるに至ったが、明治31年災禍により七堂伽藍の殆どを焼失した為、布教伝導の中心を横浜市鶴見に移し当地は祖院として再建されたものである。ただこの日は仏殿、経蔵等補修中であったのが残念であった。(続く)

2017_0921ocn0076.jpg  2017_0921ocn0082.jpg
総門                   本堂内
2017_0921ocn0136.jpg 2017_0921ocn0083.jpg 2017_0921ocn0088.jpg 2017_0923ocn0004.jpg
 本堂内の左奥に山岡鉄舟の襖4枚(鐵樹 抽枝 石樹 開花):鐵樹枝を抽んじ石樹花を開らく  経蔵(写真)  ご朱印

COMMENT 2

ごくしげ  2017, 09. 27 [Wed] 18:56

能登キリコ祭りって知りませんでした。
輪島には以前行ったことあるのですが^^

キリコ会館も見物していません。
輪島の朝市は行きました。
真夏だったので、朝一でアイスクリームを食べた
思い出が。

横浜鶴見にある総持寺^^
大きな寺ですね。
たしか石原裕次郎の墓があるのでは。

編集 | 返信 | 

エースの城  2017, 09. 28 [Thu] 09:29

To ごくしげさん

コメント有難うございます。
館内でビデオを映していましたが結構男性的な激しい祭りのようです。最後は10m以上の竿の上に直径2m位の傘型の松明を燃やすようです。
横浜の総持寺には行った事がありませんが、曹洞宗で永平寺から別れて布教を主体に大きくなったようです。我が家も曹洞宗ですが両親の永代供養は永平寺にお願いしております。

編集 | 返信 |