徒然日誌 美術鑑賞とコンサートと誕生日

2017年  19日 09:40
〇 三岸節子記念美術館で開催の尾西美術連合主催の尾西展を妻と見に行った。最近良く展示会に出かけるので、余程の美術好きと思われるかも知れないが、然程興味がある訳ではなく水彩画を見てみたいなと思う程度である。今回2部屋に洋画と日本画水墨画と写真との取り合わせで展示してあった。やはり芸術の秋だからかな、数日連続して開催されている。素人目で何となくいいなと思われる作品を写真に撮ってきた。やはり水彩画に目がいってしまうのは好きだからだろう。

2017_0917ocn0002.jpg 2017_0917ocn0003.jpg 2017_0917ocn0006.jpg 2017_0917ocn0007.jpg

〇 オカリナの先生の紹介があった「東日本大震災支援チャリティ・セルフィーユ・コンサート」に妻と出かけた。セルフィーユと言うのは音楽講師や音楽療法士による音楽パフォーマンスグループの名前であり、結成されて20数年になるようだ。通常幅広い年代層に音楽の楽しさを伝えるイベントを幼稚園や学校関係で続けているとの事だが、2年前から東日本大震災の被災者を支援・励ます目的のチャリティコンサートを続けているとの事だ。構成は女性ばかりで12名、20年以上続けているのだから当然皆さん若いとは言えないけれど、中々魅力的なミセスだったな、私は少し目も悪いのでね・・・。

 1部はアヴェマリアからアメイジンググレイスの賛美歌や広い河の岸辺やロンドンデリーの歌など美しい調べをアルトからソプラノの美しい歌声で聞かせてくれた。2部になると楽器を混じえてコミカルな曲の演奏や会場が一体となるパフォーマンスもあったが、今迄のイベントの対象が幼児や子供、老人もあって歌だけではと工夫したのだと思う。が、私共老夫婦は歌だけの方が良かったのにと思ったんだ。ただ私にオカリナを譲ってくれた方もメンバーに入っていて「コンドルは飛んでいく」を吹いてくれたけど流石上手だったね。

2017_0916ocn0001.jpg 2017_0916ocn0002.jpg 2017_0916ocn0006.jpg 2017_0916ocn0015.jpg
1部                             2部

〇 妻が80歳を迎えた。私は未だ70台だから来年の誕生日迄一つ違いの姉(あね)さんになる。本人は嫌がっていたが長男の家族が祝いの準備をしてくれ、孫娘がカレーを作ってくれ嫁がケーキを買って来てくれた。勿論私もお祝いにプルオーバーをプレゼントしたんだ。

2017_0916ocn0017.jpg 2017_0916ocn0019.jpg 2017_0916ocn0022.jpg 2017_0916ocn0027.jpg
写真は本人が嫌がるので小さくしました。

〇 明日から娘も入れた3人で能登半島に小旅行に行く。

COMMENT 2

ごくしげ  2017, 09. 20 [Wed] 22:32

奥さんの誕生日ですか。
おめでとうございます。

芸術の秋を楽しんでいるようですね。
オカリナの「コンドルは飛んでいく」
きっと素晴しいでしょうね。
いつもケーナでの演奏しか聴いていないので
オカリナでも聴いてみたいですね。

では能登半島旅行、楽しんできてください。

編集 | 返信 | 

エースの城  2017, 09. 22 [Fri] 13:46

To ごくしげさん

コメント有難うございます。妻への祝いのお言葉有難うございます。
昨日遅く帰ってきました。富山駅から能登半島一周一人でレンタカー運転で流石に疲れました。娘に運転任せる方が怖いですから。楽しい旅で妻も喜んでいました。これからも宜しくお願いします

編集 | 返信 |