徒然日誌  臨機応変に対応しろよ

2017年  16日 12:00
〇 昨日早朝、またもやJ・アラートが発令されたとかで6時55分過ぎからテレビで連続しての避難警報放送が流れた。前回の時もブログに書いたが、今回も7時6分には北海道の上を通過し襟裳岬の2200k先(総延長3,700k)に落下したと言う。何も領海にも領土にも落下物の被害はないのに、いつまでも繰り返す放送に「いい加減にしろ!」とテレビに向かって無駄な怒声を発したが、お陰で有意義なニュースや朝ドラの「こころ」迄中止にされる始末、しかも中止するとのテロップも流れない。

 黒豚がミサイルを撃つ度につまらないニュースを繰り返すなよ「何時何分に北朝鮮が北海道方面にミサイルを発射し、何分には上空を通過、何k先に落下した模様。領海、領土に被害なし」これを1回か2回流せばそれでいいだろう、前から言っているように変な不安を国民に与えるような情報を繰り返し流すなよ。後の始末は政府がやるだけの事、黒豚に対して余り効き目も無いかも知れないが、制裁強化を続けていればいいんだよ。日常の国民生活を乱す事はやめろよ。

「万一領土内に一片の落下物でもあった場合は、宣戦布告とみなし即反撃する」とかの放送を黒豚に聞こえるような方法で流す方が効果があるのではないか。ミサイルの発射とか原水爆の実験とか続けるようであれば、制裁とかよりも黒豚暗殺の特殊部隊を編成し密かに北朝鮮に潜入させるべく画策中であるとか、黒豚がのんびり出来ない様な情報を、秘密情報みたいに陰で流しておく方が効果があると思うけどなぁ。一筋縄では行かない相手にはそれ相応のやり方で対応する方が効果があると思うけどね。

 朝ドラを見られなかった腹いせが黒豚暗殺までの話になってしまった。黒豚の国民服みたいな衣装の生地は何十万もする最高級品で特別誂なんだと。瀕死の国民は何も知らされず黒豚の服や嫁豚の高級バッグ購入の為の外貨獲得に、ロシアで必死に働きいては送金しているそうだ、まさに働き蜂だね。

 最後に日本が対応する現在の防御体制だけは伝えておこう。相手が発射してからの中間段階では大気圏に達する高度500k、半径100k範囲対応のイージス艦から発射するSM3(命中率約80%)、終末段階では全国に配置してある高度20k半径25k範囲のPAC3(命中率100%)が対応する。これが現状ではテストだけで果たして実践ではとの不安もある。

 ただ常にイージス艦を配備しておくのも不都合ある為「イージス・アショア」計画として、陸上(北海道、本州、九州)にSM3システムを配置しようと検討中である。但し1基100億もするものをアメリカから買わざるを得ず、価格交渉が出来ない条件になっている為米国の言いなり価格である。日本で製作を考えるにしてもブラックボックスとして手が付けられない機能があるようで無理なのだそうだ。

 米国の軍事トップの発言として「強力な外交力を強力な軍事力で支える」と言うのがあるが、正に北朝鮮も交渉を有利に進める目的でミサイル等の開発を進めているのだと考えられる。


     2017_0914ocn0006.jpg  2017_0914ocn0004.jpg
 義姉の墨彩画  雀と秋草             ハンカチの木

COMMENT 3

ごくしげ  2017, 09. 16 [Sat] 19:00

しかし、続きますね。
北朝鮮のミサイル打ち上げ。
もし何かの破片でも本国に落ちたら
なんて思うと怖いですね。

しかしあの黒豚めぇ~~!
いい加減に何とかならないでしょうかね。
暗殺してしまうのが、一番良いのだけど。

ロシアや中国のいい加減な制裁。
この2か国がちゃんとしっかり制裁をやってくれれば
黒豚の振る舞いも、変わってくるのでは。

編集 | 返信 | 

エースの城  2017, 09. 17 [Sun] 16:06

To ごくしげさん

コメント有難うございます。
本人も内外の暗殺を恐れて中国に避難場所を確保しているようですが、暗殺は今から暗殺に行きますよなんて言いませんからね。ボディライオンハートラビットなんだと思いますよ。

編集 | 返信 | 

-  2017, 09. 20 [Wed] 21:33

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |