徒然日誌

2017年  31日 08:15
〇 28日午前中病院に行って夕方から名古屋に出る。一宮は丁度七夕まつりで駅構内から駅前の通りに向かって七夕飾りが翻っている。商店街に行く時間は無かったが昔ながらの露天が軒を連ねていた。

2017_0727ocn0001.jpg 2017_0727ocn00020 2017_0727ocn00021 2017_0727ocn0007.jpg

名古屋に出たのはいつものH社長との会食、好きな物をたべながら会社の状況を聞かせて貰ったり、未だ人事問題の相談を受けたりする。社長も私には気兼ねなく話が出来るので発散も含めて楽しいようだ。私は前日の同期会飲み過ぎで多少胃の調子が悪かったが、いつものコースのカラオケに行く時にはもう元気溌剌。

同期の1人と昨日もこの店に来て社長のボトルの焼酎「佐藤の黒」(結構高くてキープ1万円位)を飲ませて貰ったと話をしていたので、席に着いた早々マスター、 Jさん用に別にキープ2本入れといてとは感謝感謝。

いつもの出だし曲紅葉」の合唱から始まって10時のラスト曲仰げば尊し」を歌う時は満席、仰げば尊しはいつも他の客迄一緒に歌ってくれるんだ、皆懐かしいのだと思うよ、この歌はスナックでも一人では歌え無いもんね。社長とはいつも10時に終わることにしている、お互い深酒は慎まなければならない年齢なんだ。

9月の株主総会で社長を退き息子さんに譲って会長になる予定、週に2日しか出社出来ないきまりだそうで退屈しない様に何か趣味は無いか勧めたが未だ考えていない様だ。帰りに8月8日開催の「名古屋泡盛愛好会」のチケットを貰った、次は帰りクラブSだな。

一宮行きの急行に飛び乗ったら前に座っていた娘さんが、宜しければ席にどうぞと立ち上がってくれたが「有難う、私は健康の為にいつも立っています」と格好つけて丁重に辞退した。今時いい娘さんだと思っていると隣の席が空いたので、辻褄合わなかったけれど座ったんだ。「私はそんなに年寄りに見えますか」と野暮な事を話しかけたら「いえ・・・まぁ・・・」と答え難そう、暫く彼女が下車する駅まで会話をしたが、親切が嬉しい半面そんなに見えるのかなぁと少しがっくり。家に帰って妻に話したら「当たり前でしょ」で終わり。
 
2017_0721ocn0063.jpg 2017_0727ocn0020.jpg
朝顔                         瓢箪
2017_0727ocn0018.jpg 2017_0727ocn0022.jpg
薊                           風鈴

COMMENT 2

ごくしげ  2017, 07. 31 [Mon] 18:24

カラオケスナックでで「仰げば尊し」を歌った客って
未だかってお目にかかったことないですね。
でも、良い選曲、アイディアだと思います。

この数年、カラオケってやっていませんね。
ストレス発散にいいですね。
昔よく歌ったのは、「My way」でした。
これは最後の一曲として。

内輪の切り絵、これまたみなステキです。
レイアウトも粋ですね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2017, 08. 01 [Tue] 10:52

To ごくしげさん

コメント有難うございます。そしてちぎり絵のお褒めの言葉、恐縮です。妻に代わってお礼を言います。
この社長とのカラオケは二人で最初は「紅葉」途中で「早春賦」そして最後が「仰げば尊し」です。間はお互い勝手に歌います。誤嚥性肺炎防止にカラオケは最適らしいのでカラオケはやった方が良いですよ、[My way]は良い歌です。続けましょう。

編集 | 返信 |