徒然日誌 都議選結果で一言

2017年  03日 10:35
「都民ファーストの会」の圧勝に終わり、自民党は過去最低の38議席を大幅に減らす歴史的大敗を喫した。小池党首都知事には門出に当たり「勝って兜の緒を締めよ」との餞の言葉を送りたい。都議会が以前の自民・公明の時の様な、数に物を言わせた議会になっては意味が無い。当選した議員は未だ新米だ、一人一人が数に頼らず知事に誤りがあれば正す事が出来る様な人材に育てて行かねばならない。

新しい都政が大事だと都民が気づいたんだ」と勝利宣言で小池知事は述べていたが、その通り、自民党の不人気に助けられた事が勝因である事を肝に銘じ、有頂天にならず尚一層の都民の支持を得られる事が今後の重要課題であり、将来国政参加への試金石として都民のみならず、注目している全国民が支援したくなる党へ向かう努力が必要であろう。こうなれば指導者たる小池党首と安倍首相との違いが見られるかも知れない。

ここに至って安倍内閣の支持率が43.3%だそうだ、それも未だ高いなと思ったらこの支持者の中には、他に選ぶ政党や人物が居ないからと言う理由が多かったらしい。これはチャンスだよ、国民から望まれる党になればいいんだ。自民党内でも言われているTHIS IS 敗因と言われるTHISは豊田、萩生田、稲田、下村の頭文字だそうだが、安倍内閣官僚は今回の反省と対策を高級フランス料理を食べながらやったそうだ。税金だろ、もっと庶民的なピリ辛餃子でも食べてやるべきではなかったのかな。そんな姿勢だから本当に反省していないんだと国民から反発されるんだよ。

一つ余談ながら内田に誘われて後を引き受けた、千代田区の中村と言う候補者は元々小池塾に居たんだそうだ、小池党首もこの女性の本質を見抜いたから都民ファーストには採用しなかったと思うが、案の定自民党から立候補して見事落選。ただ内田元議員も自分の責任は棚に上げて、国政での自民党の不満での所為で落選したんだと言い訳が出来て良かったね。

ただ今回の結果から改憲、自衛隊問題の進展がどうなるかの不安が残ったのも事実だ。以前森友や加計問題は結果は明白だからもう記事は終わりと言ったが、国政に関わる問題として改めて取り上げてみたいと思っている。

2017_0703ocn0001.jpg  2017_0703ocn0005.jpg
勝利宣言                      今日の記者会見 満面の笑み

COMMENT 2

ごくしげ  2017, 07. 04 [Tue] 20:02

THIS IS 敗因!
これにAが入るそうです。
TIS IS A 敗因!と。
Aはもちろん安倍首相。

小池氏の頭には総理になることが
彼女の政治家としての最終目的なんでしょうね。

人気までしっかり都知事を務め
その功績を元に、国民から支持を得て
国政へとカムバックするのでしょうね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2017, 07. 05 [Wed] 10:01

コメント有難うございます。
書いた後にAが出てきて残念でした。
確かに小池知事の人気と言うか自民党のだらし無さが結果として現れたと思いますが、都民ファーストの会の議員も新人ばかり、この教育次第が今後の小池知事の人気のバロメーターになると思います。国政の事を考えるのは未だ早いと思います。

編集 | 返信 |