徒然日誌 藤井四段の快挙(ニ)

2017年  29日 08:43
彼と勝負した相手は全て、恨み言を述べる事も無くアッパレ」と評している。彼の指し手が見事だったと言うのにほかならない。彼は連勝を目標に勝負しているのでは無く、連勝はあくまでその結果である。騒いでいるのは周辺の人達であり彼は常に冷静に振舞っている。

公式グッズとしての「扇子」の発売もクリアファイルの発売も恐らく将棋連盟の発案であり、今度は自伝本の発刊もあると言う。こんな事は恐らく彼自身の本意では無いだろう。未だ中学生だ、大人から言われれば深く考える事も無く、反対も出来ず引き受ける事も多いだろう。これからは公式グッズでなくとも、周囲には欲の深い連中が群がって来るだろうから、本来の将棋以外の事に気を遣わし折角の逸材を壊す可能性もある。これだけは何とか阻止して欲しいと心から願っている。

彼によってテレビ等に引っ張りだされるようになった加藤九段や師匠の杉本七段、更には出前を取ったお店が有名になるなど話題となっているが、これはこれで良いんじゃないかな。勝負と言うのは永遠に勝ち続ける事は有り得ないだろうから、大切な事は負けた後の彼の姿勢であり、負けた後から又連勝を続ける位の気迫があって欲しいと願っている。

将棋のタイトルは新たに出来た叡王を加えて八つの頂がある(竜王、名人、王位、王座、棋王、王将、棋聖、叡王) 夫々の頂には渡辺明竜王・棋聖、羽生善治三冠(王位・王座・棋聖)、佐藤名人、久保王将が君臨している。羽生三冠は以前7冠全てを制覇した事があるが、恐らく藤井四段の第一の目標はここにあるに違いない。

彼の修行の特徴は自分の趣味でもある詰将棋と最近一段と進化した将棋ソフトを使ったトレーニングだ。新しくタイトル戦に昇格した叡王戦のタイトルを取れば、人工頭脳(AI)との勝負電王戦への出場となるが、佐藤名人も完敗した最強ソフトの{PONANZ(ボナンザ)」を破る事が彼の最終の目標であり、念願であるに違いない。私もここまで生きていたいものだ。
2017_0628ocn0001.jpg 2017_0628ocn0003.jpg 2017_0628ocn0006.jpg      2017_0618ocn0017.jpg
6歳、9歳、10歳の時の写真、新聞から拝借で写り悪いが様になっている。  グッズの扇子 彼の字で「大志」

COMMENT 2

ごくしげ  2017, 06. 29 [Thu] 19:57

勝利しても変わらぬ藤井四段
彼の冷静な態度、姿勢は凄いですね。

ほんと、いつか負けがやって来るであろう
勝負の世界。
負けた時に、彼がどうなり、成長していくかが
それもまた、楽しみのひとつとなりました。

編集 | 返信 | 

エースの城  2017, 06. 30 [Fri] 15:10

To ごくしげさん

コメント有難うございます。
恐らく記録が途切れる迄マスコミはニュースを流してくれると思いますが、ニュースが途切れた後の将棋の成績とかはどこで調べたら良いのでしょうかね。
いずれにしても本当にすごい逸材だと思います。

編集 | 返信 |