徒然日誌 天皇退位に際し

2017年  12日 09:18
天皇陛下の退位を実現する「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が成立し16日にも公布される。昨年8月退位を望まれたビデオメッセージを公表してから約10ヶ月、同法の規定の中では実際の退位は2018年12月の予定となる。

1989年1月に昭和天皇の逝去に伴い新天皇に即位されてから約29年の在位となる。即位された時の年齢は55歳、現在の皇太子より2歳若い。即位された当時は失礼ながら私と余り年齢も変わらず、天皇としての職務は大丈夫だろうか、昭和天皇の様な威厳が出るだろうかとつい思ってしまったものだが、象徴天皇として国民に寄り添い、各地の被災地を見舞い、アジアの各地へ慰霊の旅をする姿を見るにつけ、よく頑張っておられるなと感心していたんだ。

勿論それには皇后の力も大きいと思っていたよ。民間からの初めての皇太子妃として恐らく当初は大変なご苦労をされた事だと思うが、いつもお二人で行動される天皇皇后の鴛鴦夫婦としての存在も我々の目にはいつもほほえましく、皇后あっての天皇だと思える程だったし、皇后の内助の功は大なりと思っていた。

退位された後は上皇、上皇后となり皇太子が天皇に即位、雅子妃が皇后となるが、不遜な事を言う無礼を承知で申し上げると、現状の雅子妃でこの大役が務まるのであろうか。現時点でさえも体調不良で公務を休まれるケースが多いが、皇太子妃と皇后では存在の意義も職務の内容も違ってくる。精神的な病である以上治療で直ぐに完治するものではないと考えられるし、皇后と言う立場からは尚一層の精神的負担がかかってくるとなれば簡単に見過ごしていて良いものだろうか。皇太子はアル中とは聞いているが公務は支障なくやり通しているので問題は無いと思うが・・・。

その時はその時の事でと済まされる問題では無く、将来の日本の象徴天皇であり皇后である事を良く考え、この時点で皇太子が自主的に天皇継承を辞退し、秋篠宮に譲ると言う選択肢は考えられない事だろうか。これはとてつもない考えではあるが、今の時点だから言える事であり、皇太子も雅子妃の事を本当に愛し、病を心配しているのであれば、この決断も「有り」ではないだろうか。多少問題児ではあったが愛する女性の為に王位を捨て「王冠を賭けた恋」と言われた英国のエドワード8世の前例もあるんだけどね。

2017_0602ocn0004.jpg 2017_0602ocn0009.jpg
散歩道沿いの畑に咲く紫陽花。今年はどこも不作かなぁ。

COMMENT 3

-  2017, 06. 12 [Mon] 15:23

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

ごくしげ  2017, 06. 13 [Tue] 22:25

気になりますね^^心配ですね^^
雅子さまが皇后になられて、公務を遂行されるとなると。
今の状態では到底無理でしょうから。

精神的な病は、他人には知れない、理解できない
本人にしか分からない、とても複雑でしょうからね。
気の毒でたまりません。

編集 | 返信 | 

エースの城  2017, 06. 14 [Wed] 09:02

To ごくしげさん

コメント有難うございます。昨日だったか皇太子の記者会見が行われていましたが、何かやっと就任した企業の社長会見のようで、ひと握りすら雅子さんに対する思いやりの言葉はありませんでしたね。昔雅子様に対する世の批判に皇太子が愚痴っていたニュースがあったと思いますが、あの頃の方が純粋だったかも。
皇太子であれ秋篠宮であれ天皇の公務は無難に務めるだろうと思いますが、雅子様と紀子様とではかなり差が出るのではないでしょうか。

編集 | 返信 |