徒然日誌  スポーツ他

2017年  24日 11:15
〇 卓球韓国オープンの準決勝で平野選手は石川選手にかなり大差の4-0で敗れた。平野が慢心していた訳ではなく、先輩としての石川の気迫が優っていたようだ。石川の顔つきも怖い位だったね。これでいいんだお互いが切磋琢磨して共通の敵の中国に立ち向かう戦力を培って行けばいいんだ。かっての卓球王国日本に早く戻して欲しいと願っている。ただ残念な事に決勝で石川はシンガポールの選手に敗れた。これがいけないんだよ、平野に全精力使ってしまい決勝で敗れては元も子もないんだよ。

〇 昨日国内ゴルフは男子パナソニック・オープンは6打差の20位から45歳の久保谷が5季ぶりに逆転優勝し、2年間のシード権を得た。この歳の彼にとってはこのシード権が一番嬉しかったと思うよ。女子のフジサンケイレディースは日本人の吉田が背中の痛みをおして優勝、最近は韓国を主とする外国勢の優勝ばかりでテレビは殆ど見ていなかったが、場所が川奈ホテルGC富士だったので景色を見るつもりでずっと観ていたんだ。韓国勢も下の方だったしね。このゴルフ場には昔会社の関係のコンペで一度プレイをした事がありティグランドから左一面海が見える16番ロング、左に引っ掛けると海に向かってOBになる懐かしいコースだったんだ。

2017_0424ocn0020.jpg 2017_0424ocn0030.jpg
手前平野正面石川の準決勝。    川奈16番ロング、景色は最高ながら怖いコース。

〇 ボクシング井岡選手がWBA世界フライ級タイトルマッチに判定で勝ち5度目の防衛に成功した。WBCミニマム級の世界王者になってからWBAライトフライ級、WBAフライ級と世界3階級制覇世界戦通算14勝は具志堅用高と並ぶ偉業である。今回の相手も12年間無敗で61連勝中の相手ながら大差の判定で下した。28歳の井岡には未だまだ連勝を続ける事を期待したい。

〇 名古屋市長選は現職の河村たかし氏が2人の対抗を大差で破り3期目へ入った。私は名古屋市民では無いので関係はないが、彼とは元の会社の部長が高校の同級生だったので会って話した事もある、ただあの名古屋弁はいただけないね。名古屋市が田舎臭く感じられるが、これも彼のトレードマークかも。安倍総理と同じ様に有望な対抗馬が居ない点に彼の勝利の一因があるが、これで名古屋城の木造復元が具体化しそうだ。まぁこれはこれで良しとするか。

2017_0424ocn0025.jpg 2017_0424ocn0027.jpg
 

COMMENT 0