徒然日誌 

2017年  22日 12:20
〇 又自民党に苦言。経済産業政務官を辞任した中川衆院議員には議員も辞めろと尻を叩かれている。彼の親父も女性問題があったとの記憶があるが、親子二代に亘っての醜聞には驚かされる。確か女性問題では宮崎謙介も辞職したと思うが、本当に安倍政権はたるみっぱなしと言われても仕方ないだろう。

元々二世議員と言うのは単純にオヤジの地盤を引き継いだだけで選挙民にとっては本人の能力、性格の善し悪しなんてどうでも良い、彼の広島選挙区の彼を支持した選挙民は失礼ながらアホと言われても仕方がないのではないかい。未だ辞める気も無く離党して逃げる様だが、自民党の支持率に頼りきって逃げておりさえすればいつか助かると思っているようだ。こんな事をさせるのも自民党が悪い、安倍政権が悪い、こうしてしまった国民が一番悪いのではないだろうか。

〇 こんな男に引き替え川崎市の京急電鉄の踏切で、自殺志願の77歳の年寄りの男性を助けようとした銀行員の52歳の児玉氏が、二人共電車に跳ねられ死亡する痛ましい事故が起きた。この勇気、果たして自分だったら同じ行動が出来たかと言うと自信が無い。年齢ももう助ける側の年令では無いが、年齢とは関係なく助けようとしたかどうか疑問である。

この人だけかと思ったら数日後南海高野線の踏切でも81歳の老婆が40代の女性二人にこちらは救われた明るいニュースだ。税金でのうのうと暮らし女房、子供がおりながら他の女性との醜聞でみっともない姿をさらしている中川君より何れ程素晴らしい人達か。広島の選挙区の住民よ、反省しろ。同時に私も含めた年寄り連中は若い人達の迷惑にならないよう注意しろよ。将来ある善意の人を巻き添えにするとは、爺さん君は地獄行きだよ。

2017_0419ocn0001.jpg
妻と三岸節子記念美術館に新しく桜の絵が展示されていると聞き見に言った。処が桜の絵は93歳の時に描いた作品名「さいたさいたさくらがさいた」(100F号)の1枚だけ。私は余り好きな絵では無かったが記念に一枚。


COMMENT 3

-  2017, 04. 22 [Sat] 16:59

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

ごくしげ  2017, 04. 22 [Sat] 19:24

京急の踏切事故の70代の男性は
やはり自殺しようとしていたんですか。
助けようとした銀行員の50代の男性。
ついてない場面に遭遇しちゃったんですね。

自らの危険を冒しても、助ける精神。
素晴しい人ですね。
なんかとても気の毒です。

編集 | 返信 | 

エースの城  2017, 04. 23 [Sun] 09:10

To ごくしげさん

コメント有難うございます。
2回書いたのに何故かはねられます。申し訳ありません。

編集 | 返信 |