徒然日記 殺人犯大内万里亜

2017年  19日 15:28
元名古屋大学生大内万里亜の裁判の模様が連日新聞を賑わせているが、我が家の新聞に顔写真が載った事がない。エホバの証人の勧誘で訪問したMさんを斧で殴り殺した時は確か19歳だったので仕方がないかと思っていたが今はもう20歳を過ぎているんだろう。何故載せないのだろう。

この大内万里亜の悪行は殺人の他に高校時代には同級生に毒を盛り死に至る過程を観察したいと言う異常性、神戸連続児童殺傷事件犯人の酒鬼薔薇聖斗やオウム真理教の麻原彰晃等残忍犯罪者への心酔等と確かに異常であるのは確かだ。家庭は恵まれた家庭に育ち、父親は東北大農学博士でありながらマンション経営、母親は生協勤務、祖父は既に亡くなっているが元岩手大学名誉教授の物理学者、祖母は画家と家系的にも非の打ち所は無い

後天的な異常を生む環境には程遠く先天的なものであると考える以外に無いかも知れないが、中学時代から斧を持って近所を歩き回り、周囲に猫の惨殺死体が多く見られた現実や異常な発言の数々を親が全く気付かないはずは無いだろう。体良く名古屋に追いやったとも考えられ無い事は無い。

何はともあれ弁護側は全事件について重い精神障害の影響で責任能力は無かったとして無罪を主張している。名大理学部に合格する知能があっても、殺意に対しては精神障害の影響で無罪と言うのはそれが弁護士の職務とは言え良く判らない。殺意があったか無かったかだろう、殺そうとしていたのに殺意の有無が精神障害等に何の関係があるものだろうか。

逆に精神障害があるなら今後の事も考えて早く抹殺してしまう必要があるのではないだろうか。万一、万一無罪となって顔も判らない殺人鬼が隣に居たとしたら、怖いねだけでは済まないよ。この女のしたたかさは裁判長や弁護人への殺意を持っている表現をして精神異常を強調しようとしている所にも知能指数の高さが伺われるね。

2017_0219ocn0005.jpg 2017_0219ocn0006.jpg
Yourpediaより借用、これでも顔は良く判らない。
2017_0219ocn0001.jpg 2017_0219ocn0003.jpg
ベランダのしだれ梅、今日やっと一輪開花。この暖かさでは明日は満開だろうか

COMMENT 2

ごくしげ  2017, 02. 20 [Mon] 16:55

近年、多いですね。こういった犯行が。
何不自由ない、それどころか血統の良い
家庭に育ちながら、何故こんなことを!?

世の中、病んでますね。
それより被害を受けた遺族の方々の
ことを考えると、とてもやり切れませんね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2017, 02. 21 [Tue] 09:19

コメント有難うございます。
この頃は犯罪を犯すと弁護人は精神鑑定を求める、逃げ道に使うつもりでしょうが経費も時間もかかるし無駄ですね。逃げ道に使う奴らを厳しく取り締まり、経費は弁護人側に請求したらどうでしょうかね。悪人を野に放ってはいけません。

編集 | 返信 |