徒然日記 続美濃加茂市長選

2017年  30日 10:55
美濃加茂市長選は犯罪者となる可能性が大である前市長が再選された。美濃加茂市民の良識を期待していたが、期待した私が馬鹿だったと、失望したの一言に尽きる。

対抗の候補者が政治経験も無く、知名度も低い年配者であった事もこの結果の要因であるが、それならば全員白紙投票する位の知恵も気骨も、ここの市民には無いのだろうか。前の記事にも書いたが、司法が判断した事の是非を市民に問うなど、こんな事をする事自体が憲法違反になるのではないだろうか。そんな事も判らない者が良く政治に参画しようと思ったものだ。

任期もあと僅か4ヶ月、こんな時期に再選挙とは、自分の罪を市民の人気投票にすり替えようとする意思が見え見えで、市民の為に一番考えなければならない公費の無駄遣いに全くの反省もなくお詫びもないし次の選挙にも出るつもりらしい。今回の再選には私達は納得出来ない事がら、彼にとって自分の目的を果たしたのだからそれだけで満足すべきだろう。裁判所の判決次第ではもう公職には就けないのだから、無駄な事は止めようよ。

賄賂の金を受け取ったと言うのはほんの軽い気持ちだったというのは営業マンだった私は良く判る。まさかこんな大事になるとは若いだけに思ってもいなかったと思う。覆水盆に返らずながら本当に自信があるなら正式に判決が出てからでも遅くは無いだろう。無知だった美濃加茂市民の恥を全国に晒すな。

裁判所の判決は今年度中に出る様だが、三権分立の原則を遵守し、この茶番劇みたいな選挙の結果に惑わされる事なく正しい判断をお願いしたい。

COMMENT 0