徒然日記 二流国を目指す米国

2017年  31日 08:45
アメリカ・ファースト、アメリカ・ファーストと耳がおかしくなる程34回もアメリカを連呼したトランプ新大統領の演説とそれからの行動等皆さんもう良くご存知の事、良い悪いの判断は夫々各人異なると思うし、今早急に結論を出す問題でも無いので暫く静観した上で機会があったら記事にしたいと思っている。

ただ彼の脅しに早速に反応したトヨタの姿勢は商売人なんだから、自社の方針として我々が兎や角言う問題では無いが、日本国に対する彼の発言に、安倍首相は日本の代表として凛とした姿勢で立ち向かってくれる事を期待したい。どうも首相は弱い相手には強気で対応するが、強い相手には中身の善悪に係わらず弱腰になる傾向がある。

会社同士の商売の駆け引きみたいな姿勢で対応してくる相手の言葉に即反応する事なく、じっくりと構えた姿勢を貫いて欲しいものだ。誰もが直ぐに反応するので相手は調子に乗っているのだから、暫くは犬の遠吠えにさせていて構わなければいいんだよ。相手は商売人、商売で成功したやり方を未経験の政治に持ち込んでいるだけなのだから、放おっておけばいいんだ。

国民に迎合するだけで、政策の貧しさ長期的見通しの甘さは直ぐに国民に跳ね返り今支援している連中も、自分達に見返りも無く逆に厳しい経済情勢になった時に反発が始まると、貧困層だけに単なる反対デモでは無く暴動になるよ。そんなに遠い話ではないし、今変に彼に迎合していると安倍さんも道連れにならないとも限らない。急ぐ事は無い、暫く様子見をしてた方が良いと思うがどうだろう。

議会を通さず大統領個人の判断で実行出来る大統領令は、子供に何でも出来る玩具を与えた様なもので、一週間余りですでに17の発令をしている。意見すべき主席補佐官も同調するだけ、サイン一つで世界を動かせると思う様になったら、核戦争にならないとも限らないよ。トランプが率いる今のアメリカは、昔の世界をリードする大国では無く、北朝鮮と大して変わらない危険な国になりつつあると言う事を、相手が馬鹿でも長いものには巻かれろと思っている安倍さんも、早く認識しないと大変な事になると思うよ。

2017_0201ocn0002.jpg
感情だけでしか行動出来ない男に通称「フットボール」(核攻撃の許可を出せる装置が入った黒い鞄)も引き継がれた。まさに気狂いに刃物か・・・恐怖政治の始まり始まり。(写真は中日新聞より)
2017_0201ocn0005.jpg

COMMENT 0