徒然日記 大相撲初場所

2017年  23日 11:03
○ 相撲の話は昨日の続きとなるが、千秋楽に稀勢の里は白鵬を破って優勝に花を添えた。横綱になるのは100%間違いないだろう。入幕して73場所を要したのは元師匠の隆の里の50場所を大幅に上回ってしまったが、中学卒でコツコツと努力を重ね、何度かの苦渋の末の優勝に対する感慨が、インタビューでの彼の涙に現れている。

昨日も述べたがこれで今迄の呪縛が取り払われて恐らく強い横綱になると思うよ。ただ横綱になった時の心境は恐らく嬉しさ半分怖さが半分だと思うが、真面目な彼だからこそファンの期待に恥じない様に一層努力するだろう。頑張ってくれ。

2017_0123入丸八幡0004 2017_0123入丸八幡0016
                              インタビューでの涙
2017_0123入丸八幡0002 2017_0123入丸八幡0006 2017_0123入丸八幡0010 2017_0123入丸八幡0008
                                    彼のご両親
○ 私が以前より強くなると推奨している御嶽海が前頭筆頭で横綱2人大関2人を破り11勝4敗で技能賞を獲得した。確かに横綱日馬富士を破った時に見せたどっしりした腰の構えを筆頭に、相撲の取り口に自信が溢れており今後益々期待が出来る。

反対に遠藤は素質はあるのに星が伸びない、人気が先行しコマーシャルに出たりして稽古不足と思われる。ゴルフで言うと松山と石川みたいなもので素質の上に努力を重ねた者が結果を出す事が出来るんだ。玉鷲や貴の岩、逸ノ城等モンゴル勢が恐らく努力した結果と思うが全く今迄と違った取り口で成績を伸ばして来つつある。日本人力士よ人気に溺れず努力せよ。

○ これも以前から言っている事だが、力士らしい四股名に変えずに本名を四股名にしている力士が増えて来た。幕内で遠藤、正代、石浦、錦木、高安、十両で宇良、小柳、山口、里山で、この調子で行くとどんどん増えて来るのではないだろうか。最後は大相撲か社会人相撲か判らなくなるのではないか。

元横綱の輪島もそうだったが彼の場合地名にもあり島が付いているので然程違和感がなかったが、現在の力士達は本名と直ぐ判るしおかしいと思うよ。何も規則は無いのだろうが、外人力士が本名で希望して来たとしたらどうするのかねぇ。規則に無くても親方がしっかり指導すべきではないだろうか。そう言えば最近の親方には頼りないのが多いから、弟子の言いなりで無理なのかねぇ。

COMMENT 0