徒然日記  オカリナクリスマス会

2017年  10日 14:35
明日今年初めてのオカリナの練習日なので、昨年末のクリスマス会の写真を夫々の人宛に印刷した。クリスマス会は岩田先生の愛弟子達3グループの合同クリスマス会だ。3グループは私達のオカリナひろばと技術的に先輩格のドレミのさんぽ(オカリナの技術と言う事で顔とかスタイルは我々と比較してどうかな?)と十数名集団のグループジルバーふじである。シルバーふじは我々より後に出来たグループで技術は未だまだと思っていたら、なになに非常に熱心だそうで、うかうか出来ない所に来ているようだ。ただメンバーを良く知らないし、何しろ数が多いので私は今回も写真は撮らなかった。

クリスマス会は昨年12月22日富士公民館で午後2時から開催した。オープニングは先生の独奏で、SMAP解散を意識された「世界に一つだけの花」と「島人の宝」だ。島人の宝はリズムも良くて先生の得意曲、前回ボランティアで演奏した時も私達でエンヤーサッサ」の合いの手をやったのが気に入られ、今回は演奏前に私に名指しをされた為、他の人達は遠慮してしまい私一人の合いの手になってしまった。これはタイミングが難しいので一人で良かったとは思うが、本当は先生もそう思っていたのかも・・・な?。

その後各グループで数曲づつ演奏した中で、課題曲として「」をグループ毎に演奏して競い合うと言う粋な計らいも先生は考えておりこの曲の演奏には一層力が入ったんだ。私は小型の録音機で演奏は全て録音したが、この3グループの「糸」は3曲続けて録音し比較し易い様にしてみた。

後は全員での「広い河の岸辺」「花は咲く」、先生のクリスマス曲メドレー、そして「お正月」で締めくくったんだ。

2016_1222入丸八幡0001 2016_1222入丸八幡0008 2016_1222入丸八幡0018 2016_1222入丸八幡0022
これからは出来る限り写真を小さくして、顔は判らないけど雰囲気は判るようにしよう。

COMMENT 0