私のゴルフはどうなるだろう

2016年  27日 05:25
一昨日のゴルフは最低の酷いスコアになり、公表したくなかったが敢えて記事にした。ゴルフ場は大甲賀CCである。スコアは伊吹コース64、志摩コース54の118であった。平成21年からの記録ではこの大甲賀には2回来ておりH24年110、26年102の成績であった。このコースは余り好きではない記憶が残っており、フェアウェイの芝も余り綺麗ではなく砂混じりだった記憶があり、今回も変わっていなかった。

出だしの伊吹コースでは1番Par4⇒6(3)(パット数)、2番4⇒6(3)、3番4⇒8(5)、4番4⇒7(3)、5番3⇒6(2、OB)、6番5⇒9(2)、7番4⇒5(3)、8番3⇒4(3)、9番5⇒13(4)、トータル64(28パット)。
出だしから続けての最悪のパットに、日頃自信を持っていたショートアイアンも途中からおかしくなり、9番では20ヤード位の4打目がソケットしてグリーン横のバンカーへ入り、バンカーで4打叩いて更に4パットと無残なスコアになった。ちなみに志摩コースのパット数21も良くは無い。

越智氏と一緒にプレイしたが、86歳の彼が上手くショットが飛ばず腐っているので「その歳だったらスコアなんか余り気にせず元気にゴルフが出来る事を喜ばなくては」と慰めていたけど、本当は自分が情けなくて自分に言っている様な気持ちだったんだ。

このコースは確かにグリーンが、早いのか遅いのか最期まで解らなかったのと、途中からは得意のショートアイアンが次第に打ち方まで解らなくなってしまったんだ。最近はこれ以上上手くならないからと、木曽川での練習をサボっていたのが覿面に結果に現れてしまった。木曽川でのショートアイアンの練習は、この年になれば上達の為と言うより何とか現状を維持する為の絶対条件だと言う事が良く解った。今一度初心に戻ってチャレンジしてみよう。

ゴルフじゃないけれど今一つ残念だった事は、大切な老眼鏡を無くした事だ。家から持って出たのは間違い無いが、ゴルフ場でサインしようとした時にはもう無かったんだ。途中で落とす様な所も無く、車の中も家に帰って探しても見つからない。悪い事は続くものだ、折角久し振りに越智氏とプレイしたのに誠に誠に残念な一日になってしまった。あ~~あ。

COMMENT 2

ごくしげ  2016, 11. 27 [Sun] 17:53

ついていない日って、何故か何をしても
上手く運ばない!
そんなことって、あったりしますね。

明日に向けて頑張るしかないですね。
明日は良いことが~~
なんて、楽天的に考えるしかないですね。


編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 11. 28 [Mon] 08:47

To ごくしげさん

コメント有難うございます。
ゴルフはやはり練習あるのみです。歳ですから無理はしなくても安心してショットが出来るようにはしたいと思っています。
メガネを今から妻とドライブがてら、ひょっとしてと思う所に捜しに行きます。この執念がゴルフにもあればですね。

編集 | 返信 |