九州でのクラス会 ②

2016年  11日 14:20
元の小学校の傍の藤原硝子店から通学路を戻る形で最後にすんでいた山ノ堂の家の写真を撮り、時間も無いので若松駅に向かう。元の三中の横の道を通ると青葉ケ丘女子高は大きなマンションに変わっていた。良く買いに行っていた万年筆屋も無く白山神社の前の道を下ると左手の国鉄官舎跡にも大きなマンションが出来ていた。この官舎には小学校時代の彼女が住んでいたのだが今はどうしてるんだろうなと感傷に耽りながら、大きく建て変わった父が亡くなった北崎医院の前から駅方向へ。駅前の同級生の栄寿司もビルになり大きくなっていた。

駅の中の「かしわ飯」を食べた立ち食いうどん屋には人が並んで待っており、後で聞くといなり寿司が美味く、近くに適当な食堂もないので結構繁盛しているようだ。折尾では迎えのバスに乗りかんぽの宿へ。乗客として同級生3人が乗り合わせたが、何だか今日は少なそうと思った通り、到着して確認すると男子4名女子4名(東京2人、名古屋1人、大阪1人、福岡1人)と先生含めて9名は少し寂しい限り。

だけど92歳の先生の出席には頭の下がる思い、立つのも座るのも、歩くのにも手助けが必要な状態の中で「皆の顔が見たかったんよ」との言葉は本当に嬉しい限り、今年は柴田が亡くなり、常連の坂村や国広、宮田が入院し先生に申し訳ないほど減ってしまった級友に、元気が良いのに何で出て来ないんやと言いたくなる奴もいるんだよな。

各人夫々に理由はあると思うが、元気なのに一度も顔を見せようとしない奴は、中学時代からそう言う性格だったなと諦めても、残念で仕方がない。一度きりの人生に多感な年頃に出会った友達程、心に残っているはずだがと思うのは俺たちだけか。

だが出席した8人は精鋭ばかり、幹事が考えた余興私のオカリナ、4年振りの相撲甚句と賑やかしく宴会は進んだが、心残りは先に変えられた先生に相撲甚句を見て貰えなかった事、今年は最高だったと皆に褒められただけに残念!
2016_1109入丸八幡0024 クラス16
先生を囲んでの精鋭8人。  相撲甚句の始まり始まり、それにしても観客が少ないぞ。
クラス会C クラス会I クラス会B クラス会V
今年も私と恵美子の司会。 全員でこれだけ。 先生寂しく無いですか。 余興の君の名は?
クラス19 クラス10 クラス14 クラス5

ハァ~エ 3年5組を甚句に読めばヨー(ハードスコイドスコイ) ハァ~荒波高き玄海を、見下ろす若松かんぽ宿(ハイ)再び集いし面々は、今も変わらぬガキ大将(ハイ)恩師の新崎先生の、元気なお姿拝しつつ(ハイ)囲んで酒を酌み交わし、昔話に花咲かす(ハイ)先生始め皆様の、元気な姿を見る事が(ハイ)何にも増して有り難く、嬉し涙がこぼれます(はい)一つ悲しい出来事は、柴田の姿の見えぬ事(ハイ)村田や藤や小田に続き、天に召された良い男(ハイ)どうにも出来ぬ定めには、悔し涙がこぼれます(ハイ)残れる我々一同は、彼らの命も引き継いで(ハイ)これから先も元気よく、長生きすること誓います(ハイ)今日も世話人皆様よ、色々お世話になりました(ハイ)これから楽しいひと時を、どうかひとえにヨーホホイ ハァー願いますよ(ハァードスコイドスコイ)
(ハヤシ):ハァー折角集いし皆様と 明日はお別れせにゃならぬ 1年後には逢えるやら それともこのまま会えぬやら 思えば涙が (パラリパラリと)

COMMENT 2

ごくしげ  2016, 11. 11 [Fri] 20:05

出席者は少ないようですが
なんかとても面白い、楽しいクラス会のようですね。
先生は、やはり女性だったんですね。
女性は長生きですね^^
92歳だというのに、写真に写っている姿は
ほんと元気そうで。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 11. 12 [Sat] 09:57

To ごくしげさん

コメント有難うございます
これから1年毎の開催にしましたが、恐らく来年は先生無理だと思います。こちらも遠い所を出て行くだけに、先生は居て欲しいと思いますが・・・自分の方も心配ですが
・・。

編集 | 返信 |