私の生涯日誌 その226

2016年  12日 12:10
この年は世界的な行事として7月に開催されたロンドンオリンピック8月に閉幕、日本は金7銀14銅17合計38個の新記録であった。

この8月には長男と孫の尚宏が広島の私の山大同期池本君宅に宿泊の世話になった。何か広島の機関区に珍しい電車があるとか、電車気狂いの孫は見境が無い。以前のブログにも書いたが池本君は昔、若松の家に数日泊まった事があり、その時長男が未だ4歳位の時で良く高塔山に連れて行って貰ったりしたのだが、長男の記憶にはもう無いようだ。

全国高校野球は大阪桐蔭高校が春夏連覇で話題となった。星野産商は退社したが6月以降毎月一回は「いちご大福」をお土産に会社を訪問する。社長と色々と話も出来るし以前の部下達の営業状況をチェックし平気で私が叱咤激励する。以前の席に座ると静かだった事務所が途端に賑やかになる。いい加減に騒いだ後、社長とは夜の会食を約束して帰る、これが毎月の決め事となった。社長も私には話がし易い様で公私に亘っての話題で盛り上がり、最後はスナックでのお開き、22時にはきちんと終わるのだが、以前にも話したと思うが締めくくりは「仰げば尊し」を店の他の客を巻き込んでの大合唱になる。これは今も毎月続いているんだ。

2年置き開催の山口大学経済学部の10期同期会が、丁度卒業50周年記念として山口湯田温泉で開催された。少し早めに山口に入り阿武君と二人で市内巡り、亀山にあった学校も既に移転して跡地に昔からの記念碑とか僅かに面影が残るだけ、すぐ隣の亀山の教会も消失して余り懐かしくも無い新しい教会があるだけ。ただ受験の時の昼休みに過ごし試験に遅刻しそうになった公園には面影が残っていたね。

山口駅も何となく昔と違っているように思ったし、駅からアーケードの中心街を通っても、喫茶店「灯」も見当たらず、下宿から自転車で通っていた居酒屋「丸福」も見当たらず、それより何より4年間下宿していた竹井さん宅がどうしても見当たらない。家の前が畑で敷地も結構あったので恐らく売却して、新しく家がたったのだろうね、住宅地で全く面影が無いんだ。(続く)

2012_1008(001).jpg 2012_1008(002).jpg
2012_1008(004).jpg 2012_1008(006).jpg 2012_1008(015).jpg 2012_1008(012).jpg



COMMENT 0