私の生涯日誌 その223

2016年  08日 14:45
私の今日迄の人生の約65%を占めるサラリーマン生活の時代の記事を書き終えると、昨日は何かほっとしてしまい今日一日でも休みにしようかと思ったけれど、会社勤めの区切りを一日も休まなかった根性がムクムクと頭を擡げ、私の生涯日誌で無くとも何か記事にしようとパソコンに向かっている。

最初に始めたのは、次兄とのメールのやり取りの結果として、来る10月24日の大学同期会の出席に合わせ、翌25日に長兄の手術の見舞い方々長兄宅を訪問。兄弟3人で会食をし夕方鎌倉の次兄宅に私が世話になり、翌日江ノ島を案内して貰う事になった事で長兄宅に宜しくとのメール発信。続いては豊洲市場問題の私のブログに対する先輩のご意見に返事のメールを送る。内容は勿論小池知事が都議会のドンをどの様に裁く事が出来るか見ていく以外自分には何も出来ない事、それにしても私の記事に対する賛否の反応が無いのは寂しい限りと書いたんだ。

昨夜は例の如く近くのカラオケ藤で歌ったが、珍しく4組の客で満席となりママさんは嬉しい悲鳴、こちらも20曲以上連続で歌う苦労もせずに済んで有り難かった。2週置きの金曜に行く事を決めているのでママさんも期待しているだろうから、多少気が乗らない時でも行ってやらないと悪いなと思うんだ。私は思いやりのある人なんだ。この優しさが時々誤解を招くけどね。

今日書きたかったのはこの事では無くて、未だ客がひと組の時に歌った「七里ヶ浜の哀歌」の事で、今度江ノ島に行くから丁度良いと思った訳だが、曲名だけではこの歌がどんな歌かを知らない人が多い。歌い始めるとなんだこの歌か思うそうだ「真白き富士の嶺、緑の江ノ島 仰ぎ見るも今は涙 帰らぬ十二の・・・」

咲き続けているベランダの朝顔は今日一輪、蕾が一つなので恐らく明日までだろう。それにしても良く咲いてくれた、結局9月は367輪。10月は今日迄で75輪。毎朝数えていたんだけど何か垣根を取り除くのが可哀そうになってしまった。

7日リオ五輪・パラリンピックの日本選手団メダリスト達の合同パレードが東京都心で行われ、沿道に80万人の観衆が集まってオープンバスとトレーラー6台に分乗した選手に手を振り2.5kmの間、大会の感動をもう一度かみしめた。選手達も本当に嬉しそうに手を振りパフォーマンスを繰り広げたが、大変素晴らしい事だと思った。メダリスト達に対する日本の報奨金は、世界各国に比べて余り多くないと聞いている。この様な盛大なパレードで少しでも選手達が勝って良かったとの気持ちを改めて感じて次回日本での五輪競技の発奮材料になってくれたらと願っている。
2016_1008入丸八幡0001



COMMENT 4

ごくしげ  2016, 10. 08 [Sat] 20:06

生涯日誌の65%をサラリーマン生活の記事でしたか。
やはり男は、人生の大半は仕事なんですね。
しかし、よくも詳しく過去のサラリーマン生活の
様々な出来事を、実によく記憶しておられるのには
驚きました。

これからの城さんの生涯日誌は
どんな記事が綴られるのか、楽しみです。

城さんの書く社会記事は、根本的には
私も同じ思い、同じ意見だなぁ~~~
と思い、読まさせていただきました。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 10. 09 [Sun] 16:22

To ごくしげさん

コメントいつも有難うございます。実はこの65%と言うのは50年間のサラリーマン生活が現在迄の生涯の65%だったと言う意味です。記事は「その50」で会社に入者し「その222」で退社したのでその間172(約77%)ですが会社だけの記事ではありません。これからの記事は家庭や趣味の世界ですので余り面白い事はないでしょうね。後5年です、頑張ります。

編集 | 返信 | 

ひろし  2016, 10. 09 [Sun] 19:29

ご無沙汰してます。永のお勤めご苦労様でございました。一口に50年と言いますが 大変な時間です、その間の家族の事、仕事を通して関わった人、志半ばでりタイヤした人、旅立った人等色々な人との出会いのドラマがブログを通して伝わってきました。ブログを継続する事は大変なエネルギ-を消費した事になりますね。
実は、コメントを書く場所を間違えました。時々複数の事が一度に出来なくなってきました。これも歳なのかなあ?毎日楽しく拝見してます。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 10. 10 [Mon] 08:11

To ひろしさん

コメント有難う 久しぶりだね。
今度の一泊旅行楽しみにしているよ。自分もこの頃もの忘れがひどくなって、これからの予定をカレンダーのあちこちに書き込んでいる。記事の資料なんかも、今ここに置いたのにと探し回って結局はすぐ近くにあるとか、疲れるね。

編集 | 返信 |