私の生涯日誌 その219

2016年  30日 05:18
兄貴達との4泊5日の旅も今日の6日で終わる。今日は中仙道の馬籠宿を散策し、熱田神宮を参拝する予定だ。馬籠と妻籠には私は何度も来ていたが、既に観光地としての馬籠は観光客も多く、恐らく昔は土の坂道であっただろう道も舗装されており、狭い道に僅かに残る店や宿が、多少昔の面影を忍ばせるだけとなっている。名が知れたものと言えば文豪島崎藤村の生家があり「夜明け前」はこの地がモデルである。
2010_1106(005).jpg 2010_1106(001).jpg
木曽馬籠清水屋資料館前                  島崎藤村生家
2010_1106(013).jpg 2010_1106(017).jpg 2010_1106(006).jpg 2010_1106(旅)
馬籠の坂道、水車もある。                馬籠宿但馬屋     焼き栗の店
2010_1106(004).jpg 2010_1106(008).jpg 2010_1106(009).jpg 2010_1106(002).jpg
藤村生家                           藤村記念館     室内の藤村坐像前で

妻籠には寄らずに熱田神宮を参拝する。これで長かった旅を終わる。参拝の後熱田神宮の傍にある、うなぎの名店「蓬莱軒」の出店、あつた蓬莱軒で「ひつまぶし」を食べる。犬山の「うな久」の方が美味しかったように思われた。次の兄弟夫婦の旅は父の27回忌の法要となる、今度は長崎のお寺で墓参りを兼ねて法要参拝をする事を約して名古屋駅で見送った。幹事さん、湯の山行きの道路では苦労したが何事も無く終わって良かったね、ご苦労さん。さてもう次の企画に取り掛からなくては・・・。
2010_1106(016).jpg 2010_1106(014).jpg
境内は結構広い。               左手で古式ゆかしい結婚式が行われていた。
2010_1106(010).jpg 2010_1106(011).jpg 2010_1106(012).jpg 2010_1106(025).jpg
                    夫婦二人づつの記念写真 背景が熱田神宮本殿
2010_1106(旅2) 2010_1106(019).jpg 2010_1106(028).jpg 2010_1106(030).jpg
あつた蓬莱軒                            名古屋駅見送り

写真は小さくて見えにくいけれど兄弟にとっては忘れ難い旅の一コマ、今でもその情景がありありと思い浮かぶんだ。夫々タンスの肥やしになり兼ねない写真を陽に当てるのも大切だと思ったんだ。

COMMENT 2

ごくしげ  2016, 09. 30 [Fri] 19:51

離れている兄弟が会えるって
なかなかないですよね。
親の法事のこういう機会でないとね。

良い法要を済ませ、また楽しい思い出となる
4泊5日の旅^^
こりゃ、いつまでも記憶に残ることと思います。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 10. 02 [Sun] 08:20

To ごくしげさん

コメント有難うございます
この様な記事ばかりで読者の方には申し訳ない気がします。
昨日何故かブログをいつも開いている場所が無くなって、この様なシステムに弱い為どうして良いか解らず遅くなってしまいました。歳をとると機能に弱いために、突然起こった事に対処するのがたいへんです。

編集 | 返信 |