小学生時代の恩師

2015年  01日 09:11
前にも述べたと思うが、私は「花と龍」の作家火野葦平の生まれ故郷旧若松市で幼少時を過ごした。近所のお寺の老和尚がお参りに来る度、「少年倶楽部(当時の雑誌)の表紙に載ってるような坊やだね」と褒めてくれるのが子供心に嬉しかったのを覚えている。
小学校は若松市立若松小学校、一年生の8月に終戦、以後男女共学になりこれも嬉しかったな。
最初の担当の先生が嫁がれた後、3年生から卒業まで成瀬先生(旧姓田端先生)に担当戴いた。実は5年生の時結婚されたが、子供達が迷ったらいけないと卒業まで旧姓の田端で通され、私が知ったのは卒業後随分経ってからだった。

2015_0329小学校時代0011
1948年4年生時代の写真 左端の美少年が私、先生にも同級生にも掲載の許可は得ていないがこんなガキだものな。

先生は優しい中に厳しい方で長としての率先垂範の姿勢、誠実の精神をみっちりと教え込まれた。今の私があるのは両親と田端先生のお陰と言っても過言では無い。
小学校卒業してから今年迄の63年間、新年の賀状を欠かしたことはない。毎年近況をきちんと書き記し先生からも美しい文字での挨拶を戴く、この長い期間元気でおられるのは判っていたが先生のイメージはお会いする迠変わらなかった。
昨年10月中学時代のクラス会が若松で催され、前日に福岡市の先生のマンションを初めてお尋ねした。62年振りの先生は少し痩せられていたが89歳とは思えない所作としっかりした会話で長い空白の時間を埋めて下さった。持参した当時の写真や通信簿も懐かしい話題となり、途中息子さんと昔の先生そっくりの娘さんが来られてあっと言う間に楽しい時間が過ぎてしまった。
貴方のようにずっと賀状を戴くだけでも嬉しいのに、62年振りに会えるなんて夢のよう」 と先生に喜んで戴き本当に私も嬉しかったしイメージを今の先生に置き換えられたのも良かったかな。翌日の中学クラス会でも期せずして成瀬先生と同じ年齢の新崎先生にお会い出来たのも二重の幸せだったなぁ。

COMMENT 5

travispitz  2015, 04. 01 [Wed] 20:07

NoTitle

良いお話ですね。
Joさんの記憶力もすごいですが、先生も流石といった所でしょうか。

しかし今日はエイプリルフール。
虚偽の記載が見当たりませんが・・・
あぁ「美少年」のクダリですね。なるほど。

編集 | 返信 | 

TD  2015, 04. 02 [Thu] 06:18

NoTitle

昔神童、今唯の人という言葉がある、勿論君のことではない。

編集 | 返信 | 

aceのjo(?)  2015, 04. 02 [Thu] 08:32

NoTitle

言ってくれるねぇ。

編集 | 返信 | 

エースの城  2015, 04. 02 [Thu] 10:35

NoTitle

お三人様 コメント有難うございます。夫々に適確なコメントと真摯に受け止めます。
今後共宜しくお願いしますが、珠には良い事も書いて下さいよ。

編集 | 返信 | 

揚足取  2015, 04. 02 [Thu] 12:16

NoTitle

良いことばかり書いてあるのに『珠に』はないでしょう。

編集 | 返信 |