私の生涯日誌 その215

2016年  26日 09:57
兄弟夫婦での法要旅行で、名古屋駅で食事をしたのがH18年の母の13回忌の時だったと書いたら次兄から違うぞと連絡が入り、平成22年の母の17回忌の法要旅行の時で兄達4人が東京から着いた時、名古屋駅地下の「山本屋」で昼食の味噌煮込みを食べたんだと教えられた。何しろ日記に基づいてだから間違い無い。

その日11月2日はそのまま名古屋城、徳川園と観光で過ごし、夜は「円寿」で焼肉を食べた後ホテルに帰る間際に急遽カラオケに決まり、タクシーを呼んでいたのに50m先の「シダックス」で降りて、悪いのからと2台のタクシーに千円づつ払ったたんだ。カラオケは楽しかったがこの店は料金が高くて2時間で9,500円位払ったかな、今自分達が行ってる店は2人で3時間でジュース飲み放題で1,200円なんだ。それ以来シダックスには2度と行っていない。
2010_1102(031).jpg 2010_1102(033).jpg 2010_1102(037).jpg 2010_1102(041).jpg

話が横に飛んだが兄貴達夫婦はその日は一宮のホテルで宿泊、翌日3日は彦根城から長浜城、最後は朝倉氏の一乗谷観光と全て私の計画通りに進んだ、年寄りの観光はこんな所が一番いいんだ。朝倉氏の遺跡では、足利将軍の事、明智光秀の事と色々と思い出されたが、何ら建家のない更地を見ても想像が出来難いし、武家屋敷跡も余り広いとも思われず、この地で最大の勢力を誇っていたにしては何か物足らなさを感じたものだった。周囲を山に囲まれ景観の良い静かな場所ではあるが所詮は井の中の蛙であったのだと言う事が良く理解出来た。

義景の墓所も、例え戦に破れたにしても、各地の大名の墓所に比して寂しいもので栄華を誇っていただけに哀れに感じたんだ。ただ天気も最高で天気男の私がいる限り雨に降られる事はないだろう。今日の泊まりは昨年の父の23回忌の時と同じ山中温泉の「たわらや」である。今回も全員元気で楽しい旅になりそうだ。
   名古屋城                        徳川園
2010_1102(006).jpg 2010_1102(012).jpg
2010_1102(009).jpg 2010_1102(010).jpg
名古屋城の金の鯱、縁起が良いので追加、本物は空襲で焼け落ちたが金を集めて茶釜と鯱のレプリカを作り残している。
2016_0925入丸八幡0002 2016_0925入丸八幡0007 2016_0925入丸八幡0010 2016_0925入丸八幡0011
名古屋城                       彦根城       長浜城
2010_1103(025).jpg 2010_1103(027).jpg 2010_1103(038).jpg 2010_1103(042).jpg
背景朝倉家武家屋敷跡  武家屋敷前通り   一乗朝倉氏遺跡      朝倉義景墓所
2016_0925入丸八幡0029 2016_0925入丸八幡0031 2016_0925入丸八幡0025 2016_0925入丸八幡0023
背景の広場が館跡   館入口       一乗朝倉氏遺跡  広場だけで何も無いと言う印象
*写真は全て写真を再度デジカメで写す作業で行っており、写し方に依っては体型がおかしかったりボケているのはご勘弁を。

COMMENT 0