休日の幕間記事

2016年  28日 16:00
○ いつも家に来ている孫の尚宏は岐阜工業専門学校に通っているが、先週の始めから学校の授業の一環として企業での研修があり、彼は岐阜の航空自衛隊を希望して通っている。航空自衛隊だから輸送機にも乗せて貰ったそうだが、飛行機の修理とかが希望だったようだ。JRも希望したそうだが希望者が多く抽選で外れたとの事。本人の卒業後の希望進路は未だ明確では無い。

話は昨日の事、授業の一環では無いが陸上自衛隊の富士演習場での演習の模様を見学出来る券を貰ったとの事で、行く手段を色々と検討しても電車も無く周辺の宿も満杯で苦慮していたが、こちらの自衛隊から現地向けのバスが出るとの事でそれに乗せて貰える事が出来たらしい。

問題は自衛隊岐阜地方協力本部から28日夜中の2時出発で1時50分迄に集合との事。そこに行く公共交通機関は勿論無く結局私が駆り出されたんだよな。日頃午後10時迄には寝ている私が、孫可愛さの妻にも説得されて起きていたんだなぁ、責任上妻もついて来て零時45分出発、無事孫を送り届けた。2時過ぎに戻って来たが、満足な睡眠が出来ず今ぼんやりした頭でブログを書いている。

2016_0829入丸八幡0024 2016_0829入丸八幡0023

2016_0829入丸八幡0025 2016_0829入丸八幡0026 2016_0829入丸八幡0027 2016_0829入丸八幡0028
2016_0829入丸八幡0030 2016_0829入丸八幡0031 2016_0829入丸八幡0032 2016_0829入丸八幡0035
17時の中京テレビのニュースで富士演習場での迫力ある演習状況が放映された。観客に孫を探したが写って無かった。

○ 27日から第18回「にっぽんど真中まつり」が2日間行われる。最初始まった頃はこれ程盛大になるとは思っていなかったが、日本人は本当に祭り好きだねぇ。今回は全国から207チーム、総勢23,000人の参加である。この時期恐らくホテルや宿は満杯だね。

この参加条件は①鳴子を持って躍る事②躍る楽曲に必ず地元の民謡を入れる。これが守られれば誰でも参加出来る。栄の中心の舞台以外に、名古屋駅前道路や県内各地の指定場所で披露する。最終的に決められた審査員の査定でファイナルに12チームが選ばれ、栄の舞台で最終の踊りが演じられ順位が決まる。私の知る限り、犬山の笑”(じょう)、名古屋学生チームの鯱、Kaguraが上位に入ってくる。私は一度も見に行った事は無い。申し訳ない

2016_0828入丸八幡0016 2016_0828入丸八幡0038

2016_0828入丸八幡0007 2016_0828入丸八幡0011 2016_0828入丸八幡0019  2016_0829入丸八幡0010

2016_0829入丸八幡0008

2016_0828入丸八幡0015 2016_0828入丸八幡0024 2016_0828入丸八幡0026 2016_0828入丸八幡0036

2016_0828入丸八幡0031 2016_0828入丸八幡0022

COMMENT 0