ブログの記事に思う事

2015年  26日 10:59
ブログを初めて約3ヶ月が経つ、ブログの何たるかを知らなかった私に手とり足とり教えて下さった影の管理人さんにまずお礼を言って、現在の心境を述べていきたい。
ブログは自分の気持を発散するのに最適ではまって来たのが判る。現在「ぼやき」と「趣味」と「日常」に分けているが、自分としては後で読んで貰おうとかそんな気持は無く、別に解り易い様に分ける必要も無かった。今日ブログを開いたらこんな事を書いている奴がいる。少し共感する所もあり、ほっとする文章もあり、楽しい文章もある、タマには見てやってもいいか・・・。
色々聞いてみると最初から仕事と言うかアルバイト目的で記事を書いている人もいるようだ。それはそれで目的がはっきりしているからいいんじゃないかな。ただ同じ趣味の人と交流する目的とか、気持を発散する目的とか、本当に自分の文章を読んで貰いたいと思って書いている人とは自ずと内容が違っている。
私はランキングに入っている人達のブログを開いた事がない。案外面白い記事があるのかも知れないが最初から目指している方向が違うようで、文章にも作為があるような気がしてしまう。
私は拍手やコメントが欲しくないと言ったらになる。共感してくれる人がいるんだと思うだけで励みになる。私はこの僅かな空間の中にどのようにして自分の気持を伝えられるか真剣に勝負している。それだけに共感してくれた人がいたと思うだけでその日一日、心が晴れ晴れとなる。年齢もプロフィールに記載しているので目的の異なる人の訪問は正直嬉しくない。
QLOOKパスポートでFC2に入っていない方のブログ訪問を調べる事が出来る。少数の知人にしか自分の屋号を知らせていないので、名前もどのような人かも全く判らないが、愛知は勿論、北海道、鹿児島、福岡、神奈川、岡山、山口、愛媛、千葉、福井、宮城、山梨等々どうして自分のブログが判ったのか不思議だけれど、このような方々の訪問は営利的目的では無いと思われるだけにいつも感激している。この場を借りてお礼を申し上げたい。直接メール交換でも出来れば良いがといつも思っている。
これからも楽しくなるような、共感して貰えるような記事を書いて行きたいと思っているが、決して媚びるような文章は書かないよ。目に見えない空間を通じて世界が広がって行くことを願い拙い記事ながらこれからも頑張って行くつもりだ。

COMMENT 0