私の生涯日誌 その187

2016年  05日 08:55
星野産商の話は一挙に事務所の新築に迄行ってしまったが、家の話で少し話をしておこう。平成18年9月初めに妻が膝の手術で入院しリハビリも含めて40日間の入院生活を送った。

かなり以前から右膝の半月板の両はしがささくれて歩行の度に肉に食い込み、痛みで満足に歩けない状態で、過去2回、日赤病院で4日位の入院で膝の両はしから内視鏡を入れて半月板を削る手術をしていたが、気休めな治療に過ぎず、右脚を庇って歩行する為左膝迄痛める結果となってしまった。

このままでは全く歩けなくなる為本格的治療をすべく、日赤は遠いので大雄会病院で診察をしてもらった。結果半月板を取り除き膝に人工関節を装着する手術で、ここの先生は何回も手術を成功させているとの評判だった。所が先生の話によると妻の脚はX脚で、今迄の手術は全てO脚の人ばかりでX脚は始めてとの事だった。そんな事で躊躇する訳にいかず手術を依頼、後は成功する事を祈るばかりだった。

最初は特に悪い右脚を先にして、治ってから左脚もとの予定であったが、結果として右足の手術が成功し40日間は殆どがリハビリに費やされたのであるが、これが予想以上に苦しくもう左の手術は嫌だと言い張って現在迄そのままになっている。ところが右脚が成功しまともに歩ける様になると、左膝の痛みが全く無くなってしまったから不思議だねぇ。医者もこのX脚手術の成功に大満足、学会に発表するからデータを取らせてくれと、退院後何回も通ったんだ。

学会発表のデータ取りなら手術費も含めてタダにしてくれればいいのにとは・・・思わなかったよ。痛みも無く歩ける様になって本当に感謝したんだ。もう12年も経過したけれど何とも無い、あの先生は素晴らしい名医だ。お陰でX脚も治って脚の太さを除けばモデル並みだよ。

所で私がもう一つ言いたかったのは40日間入院の間、3日に一度は着替えを持っての病院通い。家では自分のも含めての洗濯から家の掃除。会社も休む事無く、しかも入院中の夜の食事は外食なしの全て自炊。勿論車だから外食したら飲めないからとの理由はあるが、それにしても一度も外食なしの自炊だよ、妻がいないのを知ったら誰か押しかけて来る可能性もあるので、ぐっと口をつぐんでいたこの精神力の強さ、やる時はやるんだなぁ、自画自賛

2016_0804入丸八幡0023 2016_0804入丸八幡0028
 本文とは関係無いけど平成18年2月孫の授業参観
2016_0804入丸八幡0029 2016_0804入丸八幡0034
 未だ手術前の4月 石刀神社参道の桜     2回目のクラス会10月開催、妻は手術後で不参加
2016_0804入丸八幡0040 2016_0804入丸八幡0045
 翌日高塔山へ この後火野葦平資料館見学。   昼食と反省会居酒屋きよ 女に弱い顔だな

COMMENT 1

-  2016, 08. 05 [Fri] 10:26

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |