ご意見を乞う

2016年  19日 07:25
昨日のブログに対するコメントとして「こんな昔の現役時代の軋轢はどうでも良、これ迄の話に似合わないよ」(原文のまま)とのご意見を頂いた。どなたかは判らないが記事の内容に関係する人かも知れない。単なるコメント、意見と言うより言葉にが感じられる。

私は自分の生涯日誌を書くに当たって創作では無いのだから内容は正直に曲げる事なく書いて行こうと思った。偽りの無い話ならば自分のその時点の感情や気持ちを正直に表現する事が大切であるとも思った。これは小説では無い、私の生涯日誌であって仕事上の楽しい出来事や、家族との楽しい生活の記録ばかりを選んで書くのであれば単なる娯楽記事であり、反って不幸な時代を過ごした人達の反感を買うのは必至だろうし、今迄の記事ですら多少心配している。

生涯日誌であるから、楽しい事もあり、苦しい事もあり、悔しい事もあり、恨めしい事もあり、その時点で出来なかった鬱憤を今晴らしたいと思う事などを正直に書き綴る事で、この人間臭さが自分の生きている証だしこのブログの命だと思っているんだ。時系列的に出来事だけを書く記事であれば単なる記録メモになり誰も興味を示さないだろう。

昨日の記事に限った訳では無く以前の記事にはもっと厳しい書き方をした事があるが、この人も含め批判的なコメントは無かった。この記事に限っている事から記事に関係した人なんだろうと推測した訳だ。

偶々ブログとしてどなたでも読んで頂ける状況にしているが、しつこい事ながらこれは私の個人記録であり、コメントや意見は自由に書いて戴いても結構ながら、ぼやきの記事等に意見の食い違いがあるだろう事は判るが、生涯日誌の進め方に対してこの様なご意見はどんなものだろう。

記事の内容に関係した方だったら、話の内容が違うとか、批判されるのは心外だとか堂々と名乗りを上げて言うべきではないだろうか。敢えて言わせて貰うならば、内容が気に入らなければ読んで戴く必要は無いと私は思っている。

ここで、EUの残留か離脱かの国民投票ではないが、読者の方の、私の考え方に対する正直なご意見を戴きたい。そんなに目くじら立てる程の事では無いと思われるのであればそれでも結構。ただ今後私が内容を曲げたり人に気を使ったり書き方に躊躇しなければならなくなるのであれば、私はこの生涯日誌の筆を折るつもりだ。従ってこの件での皆様のご意見を待ち、自分の気持ちが納得出来る迄、暫く休養させて戴く事にする。

COMMENT 9

-  2016, 07. 19 [Tue] 08:25

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 07. 19 [Tue] 08:39

To -さん

早速にご意見有難うございます。
氏名の点注意します。判る人には頭文字でも判るでしょうから。

編集 | 返信 | 

-  2016, 07. 19 [Tue] 10:46

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

ひろし  2016, 07. 19 [Tue] 14:14

ブログがメジャ-になったと判断すべきでは、世の中色々、筆を折るなんて悲しいことは、やめてください。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 07. 19 [Tue] 15:30

To -さん

コメント有難うございます
励まして戴き心強く前向きに頑張ります

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 07. 19 [Tue] 15:38

To ひろしさん

コメント有難う
一流の小説家みたいに一度言ってみたかったんだ。申し訳ない有難う。新しい話に進もうとした時に腰を折られたのでついこの野郎と思ってね。ただひょっとして善意の忠告だったかも・・・違うなそれだったら誤解の起こらない書き方をするだろう。

編集 | 返信 | 

-  2016, 07. 19 [Tue] 19:46

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 07. 19 [Tue] 20:33

To -さん

コメント本当に有難うございます。いい年をしてお恥ずかしい次第です。
自分の信念を自分が信じないといけませんね。励みになります。

編集 | 返信 | 

-  2016, 07. 20 [Wed] 00:18

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |