私に生涯日誌 その161

2016年  02日 13:44
生涯日誌と言いながら多少旅行記的になって来ているが案外こんな記事の方が面白いし今後旅をする人の参考になるかも知れない。岡山には瀬戸内市出身の竹久夢二の郷土美術館があるのも紹介しておこう。

岡山市吉備津には約560年前に建てられた室町時代初期の建築様式の国宝の本殿・拝殿がある吉備津神社がある。延長400mもある廻廊も有名であり釜鳴りの神事が行われる御竈殿では巫女の祝詞に合わせ釜の鳴動が聞こえるのも手品的な細工が感じられるな。

ここで又悪い癖、ここ迄来たら本四連絡橋も渡った事が無いので四国行きだなと、例の如く徳島厚生年金会館で一泊の予約を取りいざ出発。

本四連絡橋の岡山県側から最初につり橋の「下津井瀬戸大橋(1447m)櫃石島高架橋(1316m)斜張橋の櫃石島橋(792m)岩黒島高架橋(93m)斜張橋の岩黒島橋(792m)トラス橋の与島橋(877m)与島高架橋(717m)つり橋の北備讃瀬戸大橋(1611m)つり橋の南備讃瀬戸大橋(1723m)四国番ノ州高架橋(2939m)で全長12.3km(海峡部9.4km)となる。高架橋は島の陸上部の橋であり、島にはサービスエリアもあって観光で下りる事が可能である。特に南・北備讃大橋は道路・鉄道使用の吊り橋としては世界1、2位の長さである。

宿のある徳島県に入り徳島城址見学、城は無く石垣だけだったが公園になって白と赤のツツジの真っ盛り、良く整備されていた。徳島市内のアミコビルシビックセンターで観光用で毎晩阿波踊りの実演をやっていると聞き見に行った。覚えようと思ってビデオに撮った為写真は一枚しか撮っていなかった。

翌日は淡路島に渡って島を縦断、畑ばかりで何もない島だったな。明石海峡を渡る大橋は最終工事段階の未完成、神戸迄フェリーで渡り名古屋に一直線、随分長く休んでたけれど仕事は大丈夫なのかい。

2016_0702入丸八幡0002  2016_0702入丸八幡0037
 竹久夢二郷土美術館                 竹久夢二作品
2016_0702入丸八幡0005 2016_0702入丸八幡0007
 吉備津神社                      廻廊
2016_0702入丸八幡0010 2016_0702入丸八幡0011
 御竈殿                         本殿・拝殿
2016_0702入丸八幡00222016_0702入丸八幡0024
 岡山県側 下津井瀬戸大橋       櫃石島     黒岩島    与島
2016_0702入丸八幡0014 2016_0702入丸八幡0016
 徳島城お堀                       城内石垣
2016_0702入丸八幡0030 2016_0702入丸八幡0032
 城址公園                        阿波踊り
2016_0702入丸八幡00272016_0702入丸八幡0025
 未完成明石海峡大橋 橋脚に作業船

COMMENT 2

ごくしげ  2016, 07. 02 [Sat] 22:50

城さんはあちらこちら、いろいろ旅しているんですね。
岡山も、四国もまだ行ったことないです。

四国は一度、行ってみたい所ですね。
本場の阿波踊りも見てみたいです。
我が町でもかれこれ30年間、毎夏、阿波踊りがあります。
祭りは2日間ですが、けっこう盛大ですよ^^

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 07. 03 [Sun] 09:00

To ごくしげさん

コメント有難うございます。
本体を離れると割に休みが取りやすくなりました。同時に旅行は余り計画して行動すると、計画に縛られて自由な旅になりません。宿も厚生年金会館は安いし設備も悪くありません。電話で直ぐに予約できるのでこれが一番良かったですね。
阿波踊りは女性が揃ってリズム良く踊る所に魅力があり、男踊りはユーモラスな踊りを自由にする所が対照的でいいですね。
町で行われているのは徳島出身の方が多く住んでおられるのですか。

編集 | 返信 |