今日も割込み記事

2016年  21日 05:35
〇 昨日友人に誘われて今年3度目のゴルフに行った。岐阜県可児のサンクラシックゴルフクラブでスコアは47+51=98。実は多少雲もある天気ながら気温は32度迄上がり、日頃の運動不足も祟り後半は完全にバテてしまった。

従って昨日帰ってブログをと思ったが夕食も殆ど口に入らずビールばかり。今朝早起きしたが、準備不足で生涯日誌は書けなかったと言う言い訳を書いたんだ。ただこのゴルフ場でこのスコアは満足出来ない。170ヤードのショートホールをドライバーでやっと1オン、流石に飛距離を何とかしなければと痛感した一日だった。

そうだゴルフ場近くの信号の無い交差点で左折した時、車の後ろドアに高校生の自転車がぶつかって来てね。右に停車中の車の間から急に飛び出したようだ。勿論こちらに非はないが、怪我も無いようで転んだ自転車を立て直して走って行ってしまった。こちらの車に傷は残ったが、まあ怪我も無く良かった。

〇 116回全米オープンでD・ジョンソンがー4アンダーで優勝、スコアがアンダーは僅かに4人、いかに難しいコースだったかはこれで判る。松山は予選落ちしたが1、2ラウンド一緒にプレイしたD/ジョンソンが優勝し、同じくS・ガルシアが5Tだったのも皮肉なものだ。

実は松山は前回も予選落ちしている、しかもスコアはどちらも非常に悪い。その時解説者が「彼はフォームの改造しているようだ」との発言、真偽の程は判らないがこのスコアから考えると本当かもしれない。では今更改造とは何故なのだ・・・彼は現状に満足出来なかったのではないだろうか。世界ランク1位のジェイソン・デイや2位のジョーダン・スピースを見る機会が多くなっただけに、真面目で研究熱心な彼は今のままではある程度は上位に行けてもそれ以上になる為に何かが必要と思ったに違いない。

これはあく迄解説者の一言と現状最悪のスコアをみて私が考えた想像であり、真実は判らない。果たしてその行為は正しかったのか、石川と違った彼の探究心の強さと努力家である事からの想像である。

今日現在の世界ランクは一つ落ちて16位、未だ慌てる必要は無いがフォームの改造と言うなら、今回23Tとなった宮里優作のような柔らかいフォームを習得した方が良いのではないだろうか。「柔よく剛を制す」とは多少意味が違うかも知れないが、現在の松山のフォームは、身体付きからも仁王さまの様で柔軟さに欠ける気がするんだ。素人の下手くそだからこそ判る事もあるんだぞ。

2016_0620入丸八幡0003 2016_0620入丸八幡0004
 サンクラシックゴルフクラブ  10番 ティグランドから。 

COMMENT 0