私の生涯日誌 その144

2016年  11日 07:53
平成6年の新年は母もアウンに帰る必要も無く、娘家族を除いた3家族でのお祝いとなった。3月末に二男宅に長男が誕生した。結婚の日取りを考えると少し早過ぎると思うがまぁいいか、若い者は気が早い。

一緒に生活する様になって、マンションの廊下とトイレに手すりを取り付けた。母の歩行に必要だった訳だが、ある日市の広報か何かで障害のある老人には起き上り式ベットを無償貸与してくれるとの記事があり、市役所に行き相談をしてみた。

そこで色々と話聞くと、手すりの取り付けも30万円まで援助するとの事。既に自費で取り付けた話をすると、取り付け前の状態にして申請すれば負担して貰えるとの事から、写真を撮る為に既に取り付けてあった手すりを取り外して申請したら、市の担当者が調べに来て写真を撮って貰った後、もう一度取り付けてからの写真も撮って貰ったんだ。申請の為の手続きに必要な事ながら面倒な事をするもんだね、これがお役所仕事なんだよ。

ただお陰でかかった費用を全額返してくれて助かった。車椅子も貸与して貰えたそうだが、これは既に購入してしまっており、メーカーに返品する訳にもいかず自前となった。結局ベッドも貸与して貰ったのだけど、県や市のこの様な施策を案外知らない人は多いと聞いている。市側から老人の居る家に連絡してくれる事は無く、自分で調べて申請した者にだけに対応してくれる。今後は何でも相談したらもっと色々な事をやって貰える事があるのではないかな。

母にはマンションの6畳の洋間にベットを据え付けたままにして、テレビ等を置き自分の部屋として生活をして貰う事とした。その部屋には小さなベランダも付いており、5階だったので日差しも入り明るい部屋だった。勿論冷暖房機は据え付けていたが、ベランダに通じるドアの隙間から冬になると冷たい風が入って来るのに気付かなかったのは失敗だったな。

2016_0610入丸八幡0006  2016_0610入丸八幡0008
 平成6年正月
2016_0610入丸八幡0023  2016_0610入丸八幡0002  
 真清田神社初詣。二男夫婦。              廊下に設置した手すり。
2016_0610入丸八幡0010  2016_0610入丸八幡0013
 大江川の花見。娘と孫と。
2016_0610入丸八幡0014  2016_0610入丸八幡0017
 孫娘のひな祭り、大きなひな壇は買えません。  本巣の淡墨桜。
2016_0612入丸八幡0006  2016_0610入丸八幡0020
 誕生した二男の長男、4月末真清田神社にお宮参り。

COMMENT 2

ごくしげ  2016, 06. 11 [Sat] 22:16

記事を読んで学びました。
国や市の公的なサービスは、よ~~く見なければ損しますね。
面倒くさいのでなかなか公的サービスを
見ず、いろいろやってしまいますが
まず公的サービスをチェックした方が良いですね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 06. 12 [Sun] 10:05

コメント有難うございます。
市の制度は市によって色々違うと聞いていますが、基本的には最低此れくらいの施策があると思います。まさかこんな事もと思う事もあるかもしれませんね。
我が家では勿論母が亡くなってからベットは返しましたが、手すりはそのままですので今は夫婦で助かっていますよ。

編集 | 返信 |