私の生涯日誌 その135

2016年  31日 09:47
私にとって名古屋製鉄所ではまず最も重要な部署としての購買室と緊密になることであった。購買室のある工程業務部中村部長、購買室河本部長代理、岩本室長、高木掛長、日高掛長、津田掛長、道家氏、鬼頭氏、近藤氏と契約物件により夫々担当が違っていたが、最も早く親しくなったのが購買室所属の女性福谷さんだった。とても気さくな女性で若いのにしっかりしていたので何でも相談していたし悪いけど情報も貰っていたな。(この方々は全て当時の所属の方であり、福谷さんはその後私と一緒に営業していた富士通の寒川君と結婚退社した)。

構内はあらゆる部署を平野氏、柘植氏に紹介して貰い積極的に訪問した。パソコン、FAX、プリンター等の更新や増設の情報を得てはメーカーを引き連れての製品PRし、購入申請を推奨するメーカー指定で上げてもらう事で後は購買との折衝となる。

機器類以外にパソコンソフト、プリンターのインク類等の消耗品、特に消耗品は一度決めて貰うとコンスタントに納入する事が出来、構内での消費量は馬鹿にならない量であった。ただ黙って貰えたんじゃないよ、構内を歩き回っての涙ぐましい努力があったんだ。
商品はメーカーから我が社の事務所に届けられ、女子事務員と二人で配送もするんだ。NSの原料機材部長まで勤めた男が良くやったと思うね。所が不思議なもので根っからの営業マンでね、余り苦になった記憶が無いし嫌だと思った事も無かったね。

家庭の話では5月にマンションが完成し西春より転居した事と、長男が結婚した事だ。長男は娘や二男と違って浮いた話は一つも無く(私の血を引いたのか?)、この時岩倉市医師会の事務として勤めていた妻が、岩倉市保健センターの人から独身の部下を紹介され、5月の始めにお見合いをして即決、6月の結婚に至ったのである。

2016_0530入丸八幡0006  2016_0530入丸八幡0002
下の4枚目は娘と孫娘
2016_0530入丸八幡0011 2016_0530入丸八幡0014 2016_0530入丸八幡0019 2016_0530入丸八幡0016
2016_0530入丸八幡0029 2016_0530入丸八幡0033 2016_0530入丸八幡0035 2016_0530入丸八幡0039 2016_0530入丸八幡0040
 上の4枚目、今度こそ息子の父の挨拶。  上の右端は二男と許嫁。
2016_0530入丸八幡0021 2016_0530入丸八幡0022 2016_0530入丸八幡0025 2016_0530入丸八幡0028
 菊川家家族(妻の兄)と山田夫妻(妻の姉)。山崎君と康平。 二次会を周山で、藤井君、九州の日高君。
2016_0530入丸八幡0007  2016_0530入丸八幡0010

COMMENT 5

-  2016, 05. 31 [Tue] 10:57

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

ごくしげ  2016, 05. 31 [Tue] 19:35

長男さんは中学や高校時代の
同級生との結婚ではなかったんですね。

城さんの家族はみな早熟のようなので(笑)
てっきり、長男さんも学生時代の同級生との
結婚だと思っていました。

5月に見合いして6月に結婚!
お見合い結婚とはいえ、ずいぶん早いですね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 06. 01 [Wed] 05:06

To ごくしげさん

コメント有難うございます。
所が面白い事に二人は同じ歳なんです。従って子供達は全て同じ歳になります。私は前に話した様に、妻が1歳年上なんですね。同じだったら8人で何かの番組に出られたかも知れません。
結婚を急いだ理由は30歳になる寸前で、20代で結婚したいとの希望があったようです。微妙な心理ですね。

編集 | 返信 | 

けい  2016, 06. 01 [Wed] 07:50

おはようございます。

新居への引越しご長男さんのご結婚 嬉しい事が続きましたね。
浮いた話の一つもなかったご長男さん
父親譲りとは とても 思えませんよ!(笑)

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 06. 01 [Wed] 08:25

To けいさん

何とおっしゃるおケイさん・・
子供は親をみて育つ、長男はしっかりと私を見ていたのだと思いますよ。長女と二男は私共夫婦の幸せな家庭がどこから生まれたのかと、真剣に考えた結論が学生時代からの交際だと思ったのでしょうが、一部分は正解だけど、本当は私の溢れるばかりの愛があったからだと理解しないと駄目ですね・・・?

編集 | 返信 |