私の生涯日誌 その127

2016年  21日 04:43
本件決着後、最終的には平成5年3月末付で減給6ヶ月の懲戒処分を受けた。理由は管理不行き届きにより会社に多額の損害を与えた事であった。但し私は平成4年4月1日付で既にエヌエスビジネスオートメーション㈱出向していた後であり、処分はその会社で受けたのである。

平成3年の本件決着時点では未だ出向は決まってなく、私は後始末に追われていたが、佐藤Lはその時点で支店長付となっての処分待ちの間に、原料チームは機材チーム所属の大野君がリーダーとなった。

最終的に佐藤君は、大洋鋼材産業からゴルフ会員権購入資金としての、個人的借入れが判明した為、懲戒免職の話もあったらしいが鷲尾支店長の計らいもあって依願退職処分となった。支店長としても自分の事を佐藤が何か言い出しても困るし、同時に侘びの気持ちもあったのだろう。

当時の我社では昇格条件として資格に見合った産業能率短期大学の通信教育による履修証明書が必要であったが、今回原料チームのリーダーとなった大野君の副理事昇格申請を提出した所、支店長より「君は部下の事を把握していないのか」と叱責を受けた。調べた結果資格を取る為に必要な通信養育を彼は全く受講していない事が判明した。

本人曰く「私は高卒なので部長になれるはずはないと資格は取っていない」との回答、「バカ野郎、資格さえあれば絶対通してやる」と約束し、資格が取れた翌年の申請で無事副理事昇格を果たした。彼は鋼板部から移動して来て間が無かったが、当時の高野部長時代の鋼板部にはそのように思わせる雰囲気があったに違いない。旧入丸出身ながら、鋼板部時代から何となくよそよそしかった彼も、それ以来次第に打ち解けてきたんだ。

家庭内ではその期間多少辛い顔はしていたと思うが、妻とは特に変わりのない日常生活を送っており、会社で何があってたか何も知らなかったと思うよ。
 
2016_0519入丸八幡0005  2016_0519入丸八幡0002
平成元年、若松高校同窓会中部支部会を発足させたのは、私の2期先輩の天野、藤井、三宅、平尾の4先輩と私だ。平尾先輩はNHKエンタープライズ勤務で、テレビ放送されたドキュメント「シルクロード」の担当だった。静岡在であり企画にのみ参加してくれた。(前列若高の旗を持っているのが平尾先輩、その後が小生。
2016_0519入丸八幡0008  2016_0519入丸八幡0012
平成3年開催の第2回同窓会。於:ホテル・キャッスルプラザ。前列左より2番目の天野支部長の後が小生)

COMMENT 1

-  2016, 05. 21 [Sat] 06:11

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |