休日の幕間記事

2016年  15日 10:00
 東京都の舛添知事の問題が火を噴いている。一昨日の弁明会見を見たがお粗末の一言。3億数千万円もの資産(どうやって貯めたかこれも疑わしくなる)を持ちながら有名な吝嗇家、今回もこのケチな性格が起こした公私混同の政治資金流用劇。 

「家族の宿泊費、イタリヤ料理店、回転寿司屋代金、何か誤りがあったので返金する、返金すればいいんだろう」と開き直り。公用車での毎週末年間48回にも及ぶ湯河原の別荘通い、その経費総額400万円は税金で負担の問題も 「車の中は公務室、規則に乗っ取り使用するのに、何か問題があるか。県外に居ても代理人を置いてるから緊急公務には差し支え無い」・・ 代理人で済ませられるならお前は要らないだろ

この男には昔から問題があったのに、過激な発言が良い風に受け取られるあのアメリカのトランプと一緒なんだな。何故か期待されるのが不思議な所だ。真からの女好き、参議院議員の片山さつき氏を含む3度の結婚(1説4度とも言われている)二人の愛人、15歳年下の今の女房との間に2人の子供、愛人との間に3人の子供。

いいんだよ英雄色を好むのつもりで本人が悦に入っているのを別に咎めるつもりは無いがね。今回の事から考えても、もしかして愛人や子供に良い格好をしようと、政治資金流用の大判振る舞いをしている可能性もあるわな、一事が万事、疑われるは当然だろう。

いずれにしても海外出張費は使い放題、他の県の知事が県の財政の事を考え、例え規則で許されていても節約行動をとっているのに「規則の範囲内なんだから文句言われる筋合いは無い」との姿勢。東京都民さん達よ、このままにしていて良いのかえ、本人は間違ってた金は返えしゃ文句無いだろうと開き直って、オリンピック開催時の知事として歴史に名前を残したいだけの男、前妻が証言している顔や目つきにも表れている凶暴な性格。都民の皆さん全国民に笑われない様に知事の椅子にしがみついている本人引きずり下ろしたらどうかね。

この男が厚労相時代、社会保険庁職員の年金横領に対し何と言ったか覚えている人も多いだろう。「これは泥棒であり盗人だ、連中は牢屋に入るのが当然だ」この言葉に喝采を送ったブログ人間もいたが、自分にも跳ね返って来る時が来るんじゃないかと予測した人も居た。正に先見の明、その日が来たんだよな。

2016_0514入丸八幡0004   2016_0514入丸八幡0008
 未だ5月だから鯉のぼりと花菖蒲:妻のちぎり絵

COMMENT 3

ごくしげ  2016, 05. 15 [Sun] 19:26

猪瀬前都知事の徳洲会から貰った5千万円の件での
記者会見でのあのみっともないウソ発言といいい
そして今回、現都知事の政治資金流用にしろ
なんて、こうも政治家として、いや人間として
誠にみっともない、つくろい発言!
ほんと情けないです!

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 05. 16 [Mon] 09:26

コメント有難うございます。
政治家と言うのは悪いことが出来る立場になると、何故堂々とこんな事をするのでしょうか。その日の暮らしにも困るような生活をしているなら兎も角・・・どうして潔く罪を認めないのでしょうか。通り抜けたらもう大丈夫と思うのでしょうか。自分の成果の報酬なんだから平民は黙っていろと言う姿勢でしょうか。辞めさせる為の署名に立ち上がる人はいないのでしょうか。誰かやるだろうからいいやと思っているのでしょうね。だからつけあがるのです。悲しい事です。

編集 | 返信 | 

-  2016, 05. 16 [Mon] 16:50

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |