私の生涯日誌 その110

2016年  02日 08:20
溶材チームのリーダー寺儀君は憎めない男である。仕事はまあまあ、ゴルフはいつ迄経っても上達しない、歌は今でこそ聞かれるが基本は音痴、その音痴が良くて接待でも良く歌わせられていた。麻雀は下手、接待麻雀でも場を考えず見境なく上がる時に、テーブルの下から足で蹴った事がある、それでも何の意味か解らず「何ですか?」と不審そうに聞く、そんな男である。今でも日溶工のK所長が「寺儀君、君はねぇ、言ってる事がサッパリ解らんのだよ、JOさんみたいにきちんと整理してから話しなさいよ」と言っていた言葉が耳に残る。

この寺儀君が一つ素晴らしい発案をした。「六日会」の企画である。社内の六日生まれの者で会を造り何か行事をしようと言うのである。早速に調べたメンバーは小生(5月6日生)、藤井博(8月6日生:H元年中日特殊鋼に出向、最終社長就任)、藤井義勝(6月6日生:神戸商店出向常務)、寺儀和夫(11月6日生:最終日鉄溶材販売常務)、古田智美(8月6日生:現在も勤務中)、田中理恵(5月6日生:社内結婚後脱会)の丁度6人、一番大切な性格は全て合格で以降周囲も羨む楽しい会が始まったのである。

飲み会は勿論の事、観光地巡り、一泊旅行、パターゴルフ等々幹事持ち回りで、幹事になった者が企画し年に最低2回は実施するのが発足から約30年経った現在も続いているのは驚きである。

6日生まれであれば誰でも入会可能で結構出入りは多かったが、結婚の一人を除いて発足時の6人中、現在も5人が残っているのは、如何にこの会が楽しく居心地が良いかの証拠である。途中で16日生だとか26日生だとか入会を希望する者が居たのを断っていたが、そろそろ幅広い人材を求めて性格の良い者だけを入れようと言う事になり、その最初が大野君と中部鋼鈑出身の荻島氏であった。現在皆髪も薄く白髪ばかりだけれど最年長の私を含めて全員元気溌剌、次回開催を楽しみにしている。

追記事項①この会を真似て同じ誕生日のメンバーを探した男が居たが、嫌われ者の鷲尾支店長が同じ誕生日と判り即刻募集を止めてしまった。②発足時のメンバー男性4人の内、私だけが役員の経験が無いのは何故だろう?

2016_0430入丸八幡0002  2016_0430入丸八幡0005
2016_0430入丸八幡0006  2016_0430入丸八幡0016  
六日会行事 上段:黒シャツ女性が理恵ちゃん。下段:創設者4人、義勝、博、寺儀、小生。                        右写真 前列:荻島、古田、大野。
2016_0430入丸八幡0022  2016_0430入丸八幡0024
2016_0430入丸八幡0026  2016_0430入丸八幡0028
上段:パターゴルフ  継鹿尾山寂光院。   下段:恵那峡  岩村城跡。  全て年代はかなり後。 

COMMENT 4

ひろし  2016, 05. 02 [Mon] 14:04

1枚目は、城谷さんの還暦祝いを兼ねた記念すべき小旅行の写真ですね。あれから18年、皆さん歳を重ね白髪と目方がふえましたが白髪の無い人もいるね、羨ましい限りです。長続きの要因は何と言っても、まとめ役の魅力とメンバ-の性格のよさと健康ですね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 05. 02 [Mon] 17:57

To ひろしさん

コメント有難う
上の2枚はどこだろうと思ってました。有難う、そうだねこれから18年も経っているんだね。元気で続けないといけないね。こんどの幹事は誰だったかね。
健康だけはお互い留意して頑張ろうぜ。

編集 | 返信 | 

ごくしげ  2016, 05. 02 [Mon] 22:36

30年間、そして退職された今も
続いている「六日会」ってのもすごいですね。
きっと,気のあった者同士の集まりだからでしょうね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 05. 03 [Tue] 08:31

コメント有難うございます。
本当に良く続くと思いますよ。企画が遅れると必ず誰かが幹事に督促しますからね。この年齢になるともう街中の場所には馴染みが無いので、飲み会の時には幹事は自宅の近所にセットしますが、遠くからでもみんな集まります
ただ飲んで喋って歌うだけなんですがね。勿論店は貸切にしています。

編集 | 返信 |