私の生涯日誌 その109

2016年  30日 08:09
部長になって機材は兎も角溶材、原料チームの仕事を覚える事を優先した。溶材チームは新日鐵系の日鐵溶接工業㈱と大同特殊鋼㈱の溶接棒と溶接コイルを我社経由で特約店に販売する業務であり、特約店にはNデックス、S光酸商、SK商会、K栄興業、M澤機械商事等があった。

業務であるメーカーとの仕入れ価格や取扱い量の打ち合わせはリーダーに任せており、私はもっぱら特約店の社長や部長とのお付き合いや日溶工のK所長、大同のK課長との付合いに専念した。又日溶工の花菱会、ニッテツ溶友会の会合やゴルフには全て参加していた。

日溶工のK所長は中々ユニークなおじさんで日本酒好き、麻雀好きで結構遊んだが家庭での趣味は菊造り、立派な菊を作り上げては品評会に出していた。私も勧められて苗を貰い手入れ方法を教授されて作った事もある。大同のK課長は一見強面だが話せば判るタイプ、ゴルフ好きでドライバーのヘッドが金ピカのクラブを使っていたが、あれは自社製のチタンだったのかな。

原料チームは本来市中の業者に集めさせたスクラップを中部鋼鈑を主体に販売納入する業務であるが、チーム内に同居する竹内商店と称するブローカーが取り扱う中古鋼材をゼネコンや商社に販売する業務も行っていた。担当の佐藤リーダーはこの業務を長くやっているベテランであり、その面では私自身佐藤君に仕事を任せていた所があった。

中古鋼材の取り扱いについての打ち合わせは、流通の日商、大倉商事、住友商事等が、竹内商店や韓国からの輸入を受け持っていた大洋鋼材工業と我社の会議室で行っており、当初相手方の部長や担当者の紹介は受けたが「部長は中古鋼材は余り判らないでしょうから私に任せて下さい」 と言う佐藤君の言葉で任せていたのは事実であった。後日この中古鋼材が大きな問題を引き起こす事になる。

2016_0429入丸八幡0001  2016_0429入丸八幡0005
花菱会仙台 小生、Nデックス水野常務、S商会榊社長、日溶工K所長。    楠支店長、大同小林課長
2016_0429入丸八幡0007  2016_0429入丸八幡0012
部内旅行、右端竹内社長         私が作った菊の盆栽



COMMENT 2

けい  2016, 04. 30 [Sat] 09:01

おはようございます。

何か雲行きが怪しくなってきましたね。
大問題勃発?
ドキドキします。(^_^;)

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 04. 30 [Sat] 11:08

To けいさん

コメント有難うございます。
この結論は来週のお楽しみにしました。私にとっては余り面白く無い話ですから。

編集 | 返信 |