私の生涯日誌 その97

2016年  12日 09:05
部内の移動は他に特殊鋼課の岡崎課長が転出し本社から井上課長が着任した。温厚な人柄でね、当時の特殊鋼課は日本ベンダー、藤川鋼材、天野鋼鉄と問題のある会社を多く抱えており、色々な対策に苦労していた。

当時特殊鋼課の課長代理の藤井君は問題の会社とは関係が多く、会議では加野支店長に目を吊り上げて食ってかかる程の血の気の多い男で支店長にも恐れられていたが、温厚な井上課長とは上手く対応出来ていた。

その後井上氏は副部長席へ藤井君が課長になったと思うが、その当時日本ベンダーに機材課が設置した中田機械のロールマシンの成形が上手く稼働せず、日本ベンダーの三田村常務や特殊鋼課の藤井課長とはロールの不具合だからメーカー責任だとか材料が悪いからこうなるんだ等々揉めた事もあったなぁ。この藤井君はビリーバンバンの白いブランコの歌が好きで今も飲むと良く歌うが、この穏やかな歌で彼の血の気が収まっていたのかも知れないな。

井上副部長とはプライベートで良く飲みに行った。杉浦部長とその後の野村部長に仕えたと思うが、家族は東京に残しての単身生活、私はマンションに帰っても一人では寂しいだろうなとの気持ちから毎日誘ったんだ。嫌味の無い温厚な人だからスナックのママには良くモテていたな。

接待費が少ないのに部員は遠慮なく使うし、部長はどうにかしようとの才覚がある人でもなかったので副部長のポジションでは結構自腹を切っていたと思う。これは後で私が部長になった時に自分も接待費を随分立て替えて精算出来なかった事があったので良く解るんだ。私の場合で2~3百万あったから、井上氏もそれ位被ったのじゃないかな。

2016_0411入丸八幡0009
三河湾国定公園 形原温泉山田館 部の旅行にリースも一緒だったかな。 野村部長に、井上副部長 食品も一緒だったか。

COMMENT 2

ひろし  2016, 04. 12 [Tue] 09:39

懐かしい写真ですね。うち現在も6人が親交を暖めています。永く続づいているのは、纏め役とメンバ-の人柄がいいからとおもいます。井上さんが「お父さん、無理して帰ってこなくてもいいよ新幹線代もかかるし、それよりお小使いふやしてちょうだい」といわれてねえと笑っておられた。そして交際費の管理で随分苦労されている事を知り、呑み会は割り勘とするル-ル-ができた。テレビ塔の近くの「クスクス」というスナックが溜場でした。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 04. 12 [Tue] 16:38

コメント有難う
写真は沢山あるけど当時は日付が無いので正確に判らない所があるんだ。
病院の結果は明日の記事で書くよ。

編集 | 返信 |