私の生涯日誌 その83

2016年  25日 05:45
昭和54年2月末に松尾副支店長から応接間に呼ばれて、名古屋支店機材特殊鋼部機材チームの課長としての転勤を告げられた。顔を真っ赤にして声も上ずって指が小刻みに震えていたな。彼が悪い訳でも無いと思うが、転勤を決めるに当たって彼に何かの意図があったんだ。そうか八尋君と私の二人の候補に対し、彼は姪が好んだ八尋君を残し、私の転勤を選んだのだろう。

名古屋機材の前任者は逗子の寮で一緒だった谷地森課長でその後任との事、彼が東京に転勤になったので、機械の経験もある小生を推薦してくれた事もあったようだ。

日程は4月1日より名古屋支店勤務となる。考えて見ると余りゆとりが無い、家族の問題、家の問題、こちらの引き継ぎの問題、名古屋での引き継ぎもあるし名古屋での住まいの問題もある。名古屋は入社試験の帰りに姉の家に泊まった事が一度あるだけで、馴染みの少ない土地柄であるし、その姉も今は大阪だ。

福岡で聞いた名古屋支店の印象は、入丸と大鋼との軋轢が多少あるようで仲は余り良くないらしい。なるほど、福岡支店条鋼課での私の評判は入丸でありながら大鋼との人間関係は誠に良く、立花君を含む4人の大鋼の部下は全員私を悪く言う者は無いし、鋼板部の小郷課長や北村君、福田君達とも仲良く接している。それが名古屋支店にも聞こえて入丸と大鋼の手を結ばせる為の救世主に選ばれたのではないかな。最初は本当にそう思ったんだよ。

それより何よりまず家族の事だ、帰って直ぐ妻と話し合ったがどうするかについて簡単に結論は出ない。子供達は長男が中学2年生でその年に3年に進学予定、長女は小学6年生で中学進学予定、二男はこの年に小学2年になる。
以前父の転勤拒否の話をした事があったが私の姉と兄が神戸より若松に転校した時に苛められ、それが基で父が転勤拒否した為私には転校の経験が無いし、気持ちの上では転校させるのは可哀相だとの気持ちがある。

それにしても余りにも時間が無い、私の性格では日程を伸ばす事など考えられない。結局取り敢えず私が先に名古屋に行き、子供達は現状の学校に進学、入学する、考えている間に私が名古屋の状況を調べる事とした。花見どころでは無い

2016_0324入丸八幡0002  2016_0324入丸八幡0005
 ベランダの桜 3輪開いた、蕾は結構あるので楽しみだ。 梅は枝を落としたら新芽が出てきた。

COMMENT 5

-  2016, 03. 25 [Fri] 10:22

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

けい  2016, 03. 25 [Fri] 16:57

こんにちは!

ベランダに桜の木があるのですか?
少し咲いた花が愛らしいでしょ?

今度の週末はベランダで 一杯はいかがですか?
又楽しいお酒の時間が持てるかもしれませんよ!(*^^*)

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 03. 25 [Fri] 17:38

To けいさん

コメント有難う
それがね あるんですよ 陽光桜なんです。 鉢に植えて4年になるのですが、1年目に中心の幹(細いけど)が枯れて、脇から伸びた枝が生き残っています。3年目の去年根元の方に1輪だけ咲いて、今年は写真の通りです。
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿と言いますがベランダだけに大きくしない為、どうしようかと悩んでいます。

編集 | 返信 | 

ごくしげ  2016, 03. 25 [Fri] 22:17

急な転勤には、まいりますね。
子供のいる方はなお更ですね。
って、会社はそんなこと全く考慮しないし。

ベランダに桜が咲いているんですね^^
桜といえば大きな木しか見ていないので
こうした桜も可愛らしくていいですね。

梅の木もあるんですか^^


編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 03. 26 [Sat] 08:29

To ごくしげさん

コメント有難う
春になると桜と共に気忙しかった転勤の事を思い出します。会社を引退して今は本当に何も気にしない生活に囲まれて、未だ僅か5年目ですが、もう二度とあの苦労はしたくないなと思っています。
梅はしだれ梅です。梅とか桜とか育てた事も無く手入れも良く判りませんが今度は松の小さい苗を捜して、大山小山の花札気分になろうかと思ってます。

編集 | 返信 |