休日の幕間記事

2016年  13日 10:15
〇 最近の犯罪者は、最初は自供していても後になって犯行を否定するケースが多過ぎる。弁護士の指示なのだろうか。明白な犯行と思われるものでも、証拠不十分のようだと判断すると平気で前言を撤回する。その為に尚一層の無駄な労力や日時を要する。弁護士も商売、簡単に結論が出るより日時を要する方が収入が多くなるのは当然だから、否定する事から始めようとする。犯罪者もそれに期待するから否定する。
私は提案したい。このような無駄な労力、経費を少なくする為にも、このようなケースでその結果、犯行が実証され刑が確定した場合、死刑判決以外は確定刑期に更に偽証罪分5年を追加する、執行猶予付き判決は執行猶予無しと変更するって言うのはどうだろう。少しは偽証が減るのじゃないかな。本当に何もかも否定する奴、,記憶にないと言う奴には、頭にくるんだ

〇先週水曜は妻のちぎり絵講習のアッシー君、待つ時間の間いつものカラオケ藤の朝の部へ「仰げば尊し、アメイジング・グレイス、さくら:直太朗」と歌った所で爺さんの来客、後は「そんな夕子に惚れました、酒のやど」と演歌に変更、器用だねぇ。

金曜の夜の部は定例通り、最初財布の中から20年位前に使っていた「同期の桜」の「セリフ文」(鶴田浩二がメロディに合わせて手記を語るだけ)が出て来た。1番は歌詞通り歌い、2~4番迄のメロディの間にセリフを語る、5番は又歌詞通りに歌うんだ。手元のセリフを見ているとテレビ画面が見えずタイミングが取れない。3回も歌ってやっと上手くいったんだ。

こうなると次も当然軍歌、「ああ紅の血はもゆる、加藤隼戦闘隊、戦友の遺骨を抱いて、父よあなたは強かった、愛馬新軍歌」と歌った段階で何となく体調不良となり、歌は止めて暫くママと会話をしていたが、結局又歌い始めたのが「港町ブルース、円舞曲、惜別の唄、知床旅情、思えば遠くに来たもんだ、琵琶の実のなる頃、芭蕉布」。好きだねぇ。 「同期の桜」のセリフは次の通り。

昭和20年3月21日 陽光うららかな日 美しく立派に死ぬぞ そう言って一番機に向かう友の胸に 俺は未だ蕾だった桜の一枝を飾って送った 明日は俺の番だ 死ぬ時は別々になってしまったが 靖国神社で会える その時はきっと桜の花も満開だろう」

3月26日 花さわやかに開く日 お父さんお母さん 只今より出発します この世に生を受けて23年 まさかお父さんお母さんより 先に死ぬとは思ってもいませんでした お母さん 泣くなと言うのは無理かもしれません どうか 良く死んでくれた そう言って下さい 私達は 祖国を守るために死んでいくのですから」

4月2日 春雨の煙る日 幸か不幸か 俺は未だ今日も生きている だが雨があがり 虹が橋をかけ 茜色の夕焼け雲が広がる時 俺は必ず行く 後に続くことを信じて・・俺達の死を決して犬死にして貰いたくないのだ」
      海軍少尉 小野栄一 身長5尺7寸 体重17貫500 極めて健康

*小野栄一は鶴田浩二の本名 彼自身特攻隊帰りだった 鹿児島の知覧記念館に孫と行った時に見た特攻隊員の写真には、私も感動したんだ、古い人間なんだなぁ。

2016_0305入丸八幡0005 妻のちぎり絵

COMMENT 5

ひろし  2016, 03. 13 [Sun] 14:05

カラオケ「藤」のママさんお元気でなによりですね、この間、早朝散歩のお仲間と話題がナツメロの話となり、「野崎小唄」の野崎参りの場所は何処だろうか?とお尋ねしたら、「東海林太郎だね、東大阪の野崎観音だよ」と85歳のお元気さんが教えてくださった。その日は特した気分となった、鶴田浩二、奈良みずえ、淡屋のりこ、ひばり等沢山話題となりました。

編集 | 返信 | 

-  2016, 03. 13 [Sun] 21:47

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 03. 14 [Mon] 09:54

To ひろしさん

コメント有難う 懐かしい歌手が出てきますが奈良みずえは奈良光枝、淡屋のりこは淡谷のり子ですね。奈良光枝は近江とのデュエット悲しき竹笛、藤山とのデュエット青い山脈が有名、淡谷は艶歌の女王でしたね。野崎小唄はお染久松の野崎村(大東市野崎)にある野崎観音(慈眼寺)への野崎詣り、昔は船でのお詣りでした。
古い歌手なら藤山一郎、小畑実、岡晴夫、近江俊郎、ディックミネ、灰田勝彦、霧島昇、二葉あき子、並木路子、岡本敦郎、高峰三枝子、青木光一とか出ませんでしたか。

編集 | 返信 | 

-  2016, 03. 14 [Mon] 15:03

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 03. 15 [Tue] 09:56

To -さん

ひろし君コメント有難う このコメントは君で良かったかな。
85歳と言うと昭和6年生まれで私の長兄と同じ年かな。戦時中は旧制中学だろうから動員で工場作業なんかをさせられていた歳だね。
楠さんは名古屋で始めてあった。当時の福岡は吉岡支店長だったよ。楠さんは名古屋の前は福岡支店長だったんだね。私が名古屋に来て10年位経ってからだったと思うよ。

編集 | 返信 |