私の生涯日誌 その58

2016年  24日 09:10
昭和41年には長女が誕生した。この日は釣りには行っていない。この子も小石の産院で生まれた。八幡支店は七条から中央町の事務所に移転した。寮生であった大内氏、松本氏、桜井氏、根津君は相前後して転勤となり八幡を出て行った。店内では佐々木氏と松藤君の二人が女子社員との結婚を決めた。

私の仕事は機械の販売に変わりは無かったが、八幡製鉄への納入の鉄鉱石の確認で洞海湾に入港した外国船に中野課長と一緒に立会をした事がある。船長と課長との会話を聞いていたが、双方ともブロークンな英語でやり取りしており、良く話が通じるものだと思ったが私は会話に参加する勇気も無く、結局英会話に文法は反って邪魔になり、度胸さえあればいいんだと変な所で納得したものだった。

私は昭和42年に福岡営業所に転勤になった。大人しい支店長には、私の機械営業のやり方にいつも肝を冷やされていたのではないかな。私事ながら鼻の下に髭を伸ばそうとしていたら、ある日呼ばれて「髭剃りを持って来てるけど使いますか」な~んて遠まわしに剃れと言ってるんだ。こんな調子だから恐らく早く追い出したかったんじゃないかな。確かもうすぐ定年だったと思うから、平穏無事に卒業を迎える為には私は危険な男に見えたのだと思うよ。

その時の福岡営業所は安東氏が引退し吉田聡氏が所長になっていた。所員は岩本先輩、坂田先輩、金井君、竹中君に女子事務員2人、事務所は呉服町の第一勧銀ビルの狭い一室にあった。私は若松の自宅から電車通勤をする事に決めた。北九州に比べたら博多は都会や、きっと色々と楽しい事もあるやろう。

2016_0223入丸八幡00022016_0223入丸八幡0005
根津君送別阿蘇にドライブ、バスは よその団体。
根津、八尋、小生、三島運転手。写真は セピア色だね。
中央町の新事務所前。すぐ転勤だったので事務所の中に余り記憶が無い。桐田、支店長、石田副支店長、小生、中野課長
2016_0223入丸八幡00092016_0223入丸八幡0012
小生の福岡転勤送別会。大貝、?、中野課長 長女と長男 若松のお祭り日

COMMENT 4

けい  2016, 02. 25 [Thu] 07:21

おはようございます。

ご長女の方の誕生にも立ち会えなかったのですね。
我が夫も同じでしたが・・・。

子供が生まれて3時間後くらいに病室に顔を出し
「もう産まれたの?」
でした。(笑)(娘は16時04分に誕生)
午前5時頃に入院したのに・・・!

前回のお尋ねの件ですが 私もしらべてみましたら1月の30日に足跡が残されていました。
私もあまり自分からはご訪問はしないのですが・・・
時折 どなたかのリンク先にお邪魔をすることがあります。

ごめんなさい。ご質問にお答えできなくって・・・!
これからもどうぞ宜しく御願いいたします。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 02. 25 [Thu] 09:06

To けいさん

コメント有難うございます。
書き方が悪かったですね、息子の時も娘の時も出産の時は産院内にいましたよ。案外きちんとしてるんです。私は訪問された方々のお名前を書いた日付表(34名)に、訪問戴いた日の〇印を付けて読んだ印の✔を付けていますので、記録が去年の10月位から残っています。色々な方に訪問して戴き、途中で来られなくなった方でどうしておられるかと気になった方には、こちらから訪問する時があります。ただ自分の好みの記事の方に限りますけどね。
記事には読みやすい方と読みづらい方とがありますので、自分でも書き方に注意をしています。また時々でもお寄り戴くと嬉しいです。

編集 | 返信 | 

ごくしげ  2016, 02. 25 [Thu] 09:25

サラリーマン生活。
転勤があるから大変ですね。
でも嫌な上司だったら、いつまでも一緒に働くのも
嫌ですしね。
そうなると転勤があるって良いことなのかも^^

私はサラリーマン生活はわずかでした。
あとは独立して、フリーでやってきたので。
これは私の性分に合っています。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 02. 25 [Thu] 09:53

To ごくしげさん

コメント有難うございます。
サラリーマンは転勤には転勤は必須です。余り一箇所に長いするとマンネリになり業績にも影響しますね。大手とか銀行とか転勤は多いですが、小さな会社は使い勝手が良いと言うことで長く居座ってしまいますね。
サラリーマン生活が良いのか、自立が良いのかは人夫々性格にもよると思います。私には自立するだけの能力や勇気がありませんでした。サラリーマンでも負け惜しみでは無く社長になりたいとは一度も思いませんでした。自分の性格は上を補助する番頭みたいな地位が向いていると思っていました。後々そのような仕事をして一番充実していましたね。

編集 | 返信 |