休日の幕間記事・国民の叫び

2016年  21日 09:42
最近は特に国会議員の不祥事と言うか、国民の代表であり国民の血税を貰いながら問題を起こす議員が増えて来ている。要するに議員レベルの低下であり、立候補を認める側の選別能力の問題であり、その地域の選挙民の判断能力、選択基準にも問題があると思われる。

最近の問題議員は世襲の小渕議員に始まり、本会議中に欠席して男性秘書との愛欲旅行を行い、有権者にフェロモンたっぷりの自分のエロ写真本を売りつけ、辞職もせず離党しただけでのうのうと血税を懐にし続ける上西小百合議員、先日辞職したが妻の出産中に平気でタレントと浮気をしていた宮崎謙介元議員、少年売春疑惑や未公開株での金銭トラブルを起こし離党しただけの武藤貴也議員、中川郁子議員との路上キス写真を撮られ不倫疑惑中の門博文議員、歯舞と言う読み方も知らない島尻北方担当大臣、オバマ大統領に対する人種差別的発言をして最初は悪いとの判断も出来なかった丸山和也議員と、数え上げたらキリが無い程、常識外れの無能議員が多い。

最近世襲議員が多く問題もある中、新しく出来た公募制度悪用して推薦を受け当選した者も多いが、スタイルとか顔立ちとかの見映えの良い者を選ぶ側にも問題があれば、それにまんまと騙されて中身なんか意識もしないで当選させてしまう、その地域の選挙民も問題なんだぞ。

私は以前から主張しているが、国会議員の数が多すぎるんだ。何の仕事をしているのか判らないような連中が年間一人当たり約3000万円もの我々の血税を懐にし、今は予算が足らなくなったら増税して賄おうとする。議員を半分にしても真剣に働く人達が居れば十分に回っていくし、不要な議員の報酬分で予算は十分に賄えるはずだ。

国民に対する議員の行動報告がないのもおかしい。月に一度各人必ずインターネット上に当月の行動、業績を報告させるべきだ。勝手に報告するのでは無く、所属会派の責任者の内容チェックと承認を得る必要がある。承認するには責任も生じるからその議員に問題が起これば一蓮托生で承認者も責任を取らせる。国民の血税の無駄飯食いをしている者が多過ぎる以上当然だ。

問題を起こした議員はまず辞職では無く懲戒免職にして、今迄の給与、経費を全額返納させろ。辞職を自分で決めるのでは無く、懲戒解雇に相当するか否かを国民に決めさせろ。パソコン投票にすれば経費も掛からない、マイナンバーをこう言う時に活用すればいいんだ。

2016_0219入丸八幡0005
気持ちを落ち着かせる風景画にしました。

COMMENT 3

-  2016, 02. 21 [Sun] 10:40

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 | 

ごくしげ  2016, 02. 21 [Sun] 13:03

私も国会議員削減に賛成です。
たいした仕事もせず、何千万円もの年収をもらい。
なんて、人がけっこういますね。

もっと政治家としての自覚を持って仕事して欲しいですね。
収入少なくても、世のため人のため働きたい!
そんな人が多くいたら、いいんですがね。

編集 | 返信 | 

エースの城  2016, 02. 21 [Sun] 13:43

To ごくしげさん

コメント有難う
確かに政権は数が多い方が取ります。その為に数を増やす為の努力を最大限に行います。有権者を如何に騙すかしか考えない政治家が多いのです。私たちの声は犬の遠吠えです。どうしたら良いのでしょうかね。

編集 | 返信 |