私の生涯日誌 その51

2016年  16日 09:25
昭和37年入丸産業入社の新入社員男性36人女性21人の合計57人である。前年度の入社が最も多く、岩戸景気は未だ続いていたが多少翳りも見え始めていた頃だ。

新入社員には入社前に1ヶ月間の研修が本社で実施され、それが終わってから本社各部、各支店への配属が決められた。女性全員と自宅通勤可能者を除く全員が逗子の寮生活となった。寮には先輩も居住しており、私の記憶では1年先輩の谷地森氏、桜井氏が一緒だった。

同期では八尋君、大塚君、神野君、釜田君は居たけれど後は誰が居たかなぁ。逗子の寮には離れみたいな建家があり、確か大塚、八尋と3人で住んだと思う。大塚君はトランペットが趣味で音が煩いので母家から離れていた方を希望したようだ。

先輩の谷地森氏とは妙に気があって、休日には逗子長者ヶ崎海岸に連れて行ってくれたり、一緒に逗子駅前まで飲みに行ったものだ。ある日駅前で5人位で飲んで歩いての帰り、途中にもう閉まった店の前にあった立て看板を担いで橋の所迄来た所で橋の上から川に投げ込もうとした丁度その時、パトカーが通りかかってね、捕まっちゃったんだ。

それからはパトカーに後ろから見張られながら、元の場所まで持って行かされたんだな。少し説教もあったけれど、考えてみたら投げ込む前で良かったね。投げ込んでいたら軽犯罪で書類送検、会社にも連絡が行ったかもね、それより泳いで取りに行かされていたら大変な事になっていた。。

2016_0214入社・逗子00202016_0214入社・逗子0019
逗子寮離れ建家逗子寮母屋前記念写真
2016_0214入社00102016_0214入社0008
逗子長者ケ崎海水浴場 釜田君と        谷地森先輩と。
2016_0214入社0013
M商事八幡支店  右端は社員では無いらしい。     


COMMENT 1

-  2016, 02. 17 [Wed] 17:33

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |